「アナリスト予測」5周年記念 トランプ以降のオフィスビル市況を読む

「アナリスト予測」5周年記念 トランプ以降のオフィスビル市況を読む

不動産に精通した専門家が今後の市場を徹底解説

 ツイッター発言を駆使するトランプ氏の米大統領就任は、政治的混乱の一方で株高というサプライズをもたらしました。金利上昇懸念と金融規制緩和に対する期待が相半ばする現在、不動産市場においても方向感を見いだすのは至難の業。今後、我々は何を指標に不動産市況の先行きを読んでいけば良いのでしょうか。その一つの手がかりとなり得るのが、市況予測を専門とするアナリストたちの「コンセンサス」です。

 日経不動産マーケット情報が2012年から手がけている名物企画のひとつ、「アナリスト予測」では、シンクタンク、証券会社、仲介・アドバイザリーの3分野から各業界を代表するアナリスト十数人を招き、半年ごとに東京・大阪のオフィスビル市況の行方を占ってきました。各回答者の意見を総合して算出した最新のコンセンサス値は、2017年後半に賃料相場が下落に転じることを示唆しています。オリンピック景気やカジノ解禁、インバウンド需要の盛り上がりに対する期待の一方で、ビジネスに一層の慎重さが求められる局面に入ったことは間違いありません。

 今回のセミナーでは、前述の企画に登場するスターアナリストをはじめ、不動産投資ファンドのマネージャーや仲介会社にも今後の市況に対する見方を語ってもらいます。オフィスビルの開発、リーシング、売買に携わるプロフェッショナル必聴のセミナーです。

開催概要

日 時
2017年4月20日(木) 13:00~19:00(予定)※懇親会含む
会 場
大手町ファーストスクエアカンファレンス
受講料

一般の方

一般1名でのお申し込み:32,000(税込)

本セミナーの受付は終了いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

日経不動産マーケット情報定期購読者(お申し込みには650から始まる購読者番号が必要です)

読者1名でのお申し込み:27,000(税込)

本セミナーの受付は終了いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

※購読者番号が分からない方はこちらをご参照下さい

対 象
オフィスビルの開発、リーシング、売買に携わるプロフェッショナル
定 員
198名 ●最少開催人員:40名
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
主 催
日経不動産マーケット情報
後 援
アジア太平洋不動産協会 アジア太平洋不動産協会 APREA会員の方はこちら

【お申し込み注意事項】
※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
※ お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
※ 受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。 なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。「クレジットカード支払」の方には、受講券のみお送りします。
※ 定員:198名
※ 参加申込人数が最少開催人員(40名)に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師や講演内容等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※講演時刻や詳しい内容は、このページを随時更新してお知らせいたします。
※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※ 会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。
※ 講師の急病、天災その他の不可抗力、又はその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

お申し込み

本セミナーの受付は終了いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。