• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

東京大改造

「新東名の起点」開通直前に歩いて往復

2018/01/04

(写真:大上祐史)

 E1A新東名高速道路の起点となる海老名南ジャンクション(JCT)─厚木南インターチェンジ(IC)間約2kmが、2018年1月28日午後3時に開通する。開通日時が決まったばかりの2017年12月24日、「新東名あつぎウォーク2017」が開催された。開通前の同区間を歩くことができるイベントだ。

 新東名の神奈川県内最初の開通区間になる。用地の取得に時間がかかったことや地盤対策が必要になったことで、計画より約1年遅れた。工事費は約1200億円。

(資料:NEXCO中日本)

 さらに、この先の厚木南IC─御殿場JCTが予定通り2020年度までに供用されれば、神奈川県海老名市の海老名南JCTと愛知県豊田市の豊田東JCTを結ぶ延長約330kmの新東名は全線開通する。
(関連記事:新東名、御殿場から東京延伸の橋架設

 新東名あつぎウォークは、厚木の新たな玄関口の誕生を市民と祝い、「元気なあつぎ」を市内外へ発信するため、厚木市が主催した。厚木南ICから海老名南JCTまで、往復約3kmのコースをウォーキングできる。

(資料:厚木市)

 参加は事前の申し込みが必要で、中学生以下は無料、厚木市内在住は500円、厚木市外在住は1000円を支払う。午前10時から午後2時まで1時間おきに約2000人がウォーキングを順次スタートし、終了となる午後4時までに累計約1万人が新東名を歩く。

 厚木南ICの料金所では、電光掲示板に「新東名あつぎウォーク2017 2017年12月24日」と表示されている。

(写真:大上祐史)

 料金所を抜けると、分岐箇所がある。左方向は圏央道に接続する海老名南JCT方面で今回開通する区間、右方向は工事が進む御殿場JCT方面だ。

(写真:大上祐史)

 この日はクリスマスイブで、クリスマスツリーが飾られていた。

(写真:大上祐史)

大上 祐史=ラジエイト代表日経コンストラクション

俺たちが土木を変える!──2018年1月22日号を公開しました

前例や慣習にとらわれず、土木業界に新しい風を吹き込む存在が求められている。編集部ではそんな変革を実践し続ける10人を、業界の内外から選んだ。彼ら「テクノロジスト」の生き様から、今後の土木業界を展望する。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする