東京大改造

東京駅復元から5年、目玉の大広場も12月完成

2017/11/10

日経コンストラクション

南西側から見た東京駅丸の内駅前広場。11月8日に撮影(写真:日経コンストラクション)

 東京駅丸の内駅舎が1914年の創建時の姿に復元されてから5年。予期せぬトラブルで工事が遅れていた駅前広場も、ついに12月に完成する。

 東京駅丸の内駅前広場は12月7日に完成し、全面供用を開始する予定だ。整備を担う東京都とJR東日本が11月7日に発表した。事業費は約66億円で、都が27億円、JR東日本が39億円をそれぞれ負担する。総面積は約2万4000m2。

南側から見た丸の内駅前広場。11月8日に撮影(写真:日経コンストラクション)
北西側から見た丸の内駅前広場。11月8日に撮影(写真:日経コンストラクション)

 広場の設計者はジェイアール東日本コンサルタンツ。施工者は鹿島で2014年8月に着工し、当初は17年春に完成する予定だったが、現場の地下に過去の工事で使われた土留めが残っていた影響で工期が延びた。
(関連記事:予期せぬ埋設物で完成延期へ、東京駅丸の内駅前広場

皇居へつながる広い遊歩道

■東京駅丸の内駅前広場の平面図
(資料:JR東日本)
■東京駅丸の内駅前広場の完成イメージ
(資料:JR東日本)

 東京駅丸の内駅舎は行幸通りで皇居につながる国家を象徴する駅として造られた。建築家の辰野金吾が設計した。しかし、戦災で3階部分や特徴的なドーム屋根を焼失した。

 一方、戦後の丸の内駅舎前は車道中心の空間となり、再整備で2010年以降は遊歩道が中心を占める行幸通りとの一体性が損なわれていた。

行幸通りの遊歩道から見た東京駅丸の内駅舎。11月8日に撮影(写真:日経コンストラクション)

 JR東日本は12年10月に丸の内駅舎の復元を完成させると、この一体性を高めることを目指して東京都とともに新たな丸の内駅前広場の整備に着手した。

 約6500m2の歩行者空間である丸の内中央広場を中心に、丸の内駅舎の北口前には約5900m2の交通広場(北部)、南口前には約6300m2の交通広場(南部)を配する。舗装材は、行幸通りのデザインとの調和を図って、車道以外の部分には白を基調とする御影石を採用している。

交通広場は一足先に供用開始

丸の内駅前広場の交通広場(南部)の歩道部分。供用開始後も一部で工事が続く。11月8日に撮影(写真:日経コンストラクション)

 中央広場では、植栽には樹形が美しいとされるケヤキ並木や約1200m2の芝生を植えたほか、夏季限定で水深5mm程度の水景施設を使用して路面温度の上昇を抑える。照明はデザイン性の高い3灯式のポール照明で、駅舎のライトアップの美観を損ねないように明るさを抑える。完成後の管理はJR東日本が担当する。

 交通広場は北部、南部とも路線バスとタクシーが発着する。植栽としてサクラやモミジなどを植えている。都の管理下で11月6日までに供用を開始した。

安藤 剛日経コンストラクション