• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

東京大改造

京急・西武・JRがそろい踏み、品川駅前巨大広場

2017/09/12

西武案は「にぎわい機能」に期待

■西武案の空間イメージ
画像右下隅の「ざくろ坂」はプリンスホテルが経営するホテル群に通じている(資料:国土交通省)
■西武案の空間構成概念図
(資料:国土交通省)

 国交省東京国道事務所は、西武プロパティーズ案については、同社が商業施設運営を本業としていることから、周辺の商業施設と連携した広場のにぎわい機能の充実に期待を掛けている。同案のイメージには、同じ西武グループのプリンスホテルが経営する3カ所のホテルに通じる「ざくろ坂」の位置が描き込まれている。

安藤 剛日経コンストラクション

点検はしたけれど… ──2017年11月13日号を公開しました

2014年7月に橋やトンネルなどの定期点検が義務付けられて3年が過ぎた。5年に1回の点検なので、来年度で1巡目が終わる。2巡目に向けて見直しを求める声が相次ぐなど課題が山積だ。深刻さを増すインフラ老朽化問題にどう向き合うべきか。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする