• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

東京大改造

環状2号、工期1年でも五輪前に暫定開通

2017/07/26

 東京都は7月21日、豊洲新市場への移転を小池百合子知事が決定したことを受けて、2020年の五輪で主要な輸送ルートとなる都道環状2号の新橋─豊洲間(延長3.4km)を、同年3月末をめどに暫定開通させる方針を決めた。築地市場跡の地上区間の整備は、最短で1年で終えるとしている。

■東京五輪開催時の都道環状2号の築地市場跡区間
地上区間だけで暫定開通させる。市場跡の環状2号以外の部分は、東京五輪関係者用の駐車場などとして使用(資料:東京都)

 都は同日に開いた市場移転に関する関係局長会議で、市場移転とインフラ整備の方針を決定した。環状2号の築地市場跡の区間については市場移転後、仮設の迂回路を設けて第1次の暫定開通としたうえで、本設道路のうち、まず地上区間の整備に着手する。

 小池知事は市場移転が最も遅れる場合、19年春になるとの見通しを明らかにしている。その場合、20年3月末に予定している第2次暫定開通までの1年のうち、前半の半年で環状2号のルート上に残る旧築地市場施設を撤去し、残りの半年で地上区間の道路整備を完了させる。地下区間は五輪後に整備する。

 築地市場跡の環状2号以外の部分は、五輪の会期中は関係者用の駐車場などとして使用し、その後は民間主導で再開発することを検討する。

安藤 剛日経コンストラクション

10人の社長激白! 我が社が元気な理由──11月27日号を公開しました

過去の実績を重視する土木業界にあって、他社をしのぐ成長を遂げるのは容易なことではない。それでも独自の存在感を放つ企業がある。あの会社はなぜ元気なのか――。建設会社や建設コンサルタント会社の社長10人を直撃し、その理由を探った。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする