• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

東京大改造

スカイツリー駅を150m移設、東武線高架化

2017/07/13

 東武線のとうきょうスカイツリー駅(東京都墨田区)を東へ150mほど移設する工事を含む高架化事業が、2024年度の完成を目指して正式に始まった。事業を担う東武鉄道と墨田区が7月7日に施行協定を締結した。

 事業費315億円のうち東武が80億円、墨田区が国費と都費を含めて235億円を負担する。16年度の時点では完成時期を23年度としていたが、高架化の事業工程を精査した結果、1年延ばすことにした。

東武スカイツリーライン(伊勢崎線)が桜橋通りと交差する伊勢崎線第2号踏切。とうきょうスカイツリー駅に向かう特急列車が通りすぎた。右端に見えるビルは東武鉄道の本社(写真:日経コンストラクション)

 事業の対象は、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の延長約900mの区間で、移設する駅は西端に位置する。中ほどにある桜橋通りとの踏切1カ所(伊勢崎線第2号踏切)を解消する。

■位置図
墨田区の資料に日経コンストラクションが加筆

■移設後の駅の横断図
(資料:東武鉄道)

安藤 剛日経コンストラクション

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)