• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

東京大改造

3月18日開通の横浜環状「横浜北線」、現地を公開

2017/02/10

 横浜市の臨海部と内陸部を巡る横浜環状線の建設事業で、第一弾となる「横浜北線」が、3月18日16時に開通する。事業主体の首都高速道路会社は2月9日、開通目前の現地を報道機関に公開した。

生麦JCTの現状。写真上方のやや右手に岸谷生麦出入り口や「横浜北トンネル」の坑口が見える(写真:首都高速道路)

 事業中に「横浜環状北線」と呼ばれてきた同線は開通後、「高速神奈川7号横浜北線」という名称になる。東端は生麦ジャンクション(JCT、同市鶴見区)を介して首都高横羽線・大黒線と、西端は横浜港北JCT(同都筑区)を介して第三京浜と、それぞれ接続する。

横浜北線の路線図(資料:首都高速道路)

 総延長は約8.2kmで、区間内には東側から岸谷生麦、馬場、新横浜の各出入り口を設置。馬場出入り口のみ、3月18日の同線開通から遅れて2019年度中の供用開始を目指す。横浜北線の工事着手は2001年で、総事業費は3980億円だ。

岸谷生麦出入り口。2月9日の報道公開ではここからまず生麦JCTに向かった(写真:山崎 一邦)

山崎 一邦=フリーライター日経コンストラクション

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)