日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

東京大改造

3月18日開通の横浜環状「横浜北線」、現地を公開

2017/02/10

 横浜市の臨海部と内陸部を巡る横浜環状線の建設事業で、第一弾となる「横浜北線」が、3月18日16時に開通する。事業主体の首都高速道路会社は2月9日、開通目前の現地を報道機関に公開した。

生麦JCTの現状。写真上方のやや右手に岸谷生麦出入り口や「横浜北トンネル」の坑口が見える(写真:首都高速道路)

 事業中に「横浜環状北線」と呼ばれてきた同線は開通後、「高速神奈川7号横浜北線」という名称になる。東端は生麦ジャンクション(JCT、同市鶴見区)を介して首都高横羽線・大黒線と、西端は横浜港北JCT(同都筑区)を介して第三京浜と、それぞれ接続する。

横浜北線の路線図(資料:首都高速道路)

 総延長は約8.2kmで、区間内には東側から岸谷生麦、馬場、新横浜の各出入り口を設置。馬場出入り口のみ、3月18日の同線開通から遅れて2019年度中の供用開始を目指す。横浜北線の工事着手は2001年で、総事業費は3980億円だ。

岸谷生麦出入り口。2月9日の報道公開ではここからまず生麦JCTに向かった(写真:山崎 一邦)



夜間3時間限定の作業、難所だった鉄道交差部

岸谷生麦出入り口付近の鉄道交差部。写真奧に見えるのが生麦JCT(写真:首都高速道路)

 同線は東西両端が高架構造で、中間区間は延長約5.9kmの「横浜北トンネル」だ。東端の高架部でJR線や京浜急行線と交わる箇所は、交差部をJR東日本に委託して施工。桁の架設など鉄道線上空の工事は、作業時間が終電から始発までの3時間に限られるなど、工事の難所の一つとなった箇所だ。

生麦JCTの上部から見る。写真のやや左手の中層高架が首都高横羽線で手前が東京方面、奧が横浜方面(写真:山崎 一邦)

大熊川トラス橋(写真:首都高速道路)

 西端で横浜北トンネルから地上部を経て高架部に至る区間に設けた「大熊川トラス橋」は、鶴見川や大熊川など複数の河川の合流部に掛かる単径間鋼床版ダブルデッキトラス橋。橋長158mと、上下二層のトラス橋としては国内最長になる。2015年度の土木学会田中賞も受賞している。

横浜港北JCT。写真の中央上から右下に伸びているのが第三京浜。JCTの右手に伸びているのが横浜北線。左手では横浜環状北西線の工事が進行中(写真:首都高速道路)

現場公開時の横浜港北JCT。写真右手奥に第三京浜が見える。その手前は料金所(写真:山崎 一邦)



市内最長の道路トンネルに

 横浜北線の中間区間は横浜北トンネルで、延長約5.9kmと総延長の7割を占める。本線部は、泥土圧式シールド工法で構築した外径12.3m、内径11.5mのトンネル2本(各2車線分)で構成。供用開始後は、市内で最長の道路トンネルになる。

横浜北トンネルの内部。岸谷生麦出入り口側の坑口から入ってすぐの地点(写真:山崎 一邦)

 同トンネルの本線区間は、2台のシールド機が新横浜出入り口付近の発進たて坑から並行する形で掘削。北側(東行き)のトンネルは2010年12月に発進して13年10月に、南側(西行き)は11年1月に発進して14年3月に、それぞれ貫通した。

 セグメントは、中央環状品川線と同じく「SFRCセグメント」を採用している。1ピースが幅2mと従来の標準より幅広で施工速度の向上が見込めるとともに、鋼繊維とポリプロピレン繊維を混入して耐久性・耐火性を高めたセグメントだ。耐火性が高いことから、セグメントの内側に二次覆工を構築する必要がないので、コスト削減にもつながったという。

横浜北トンネル本線の地下に設けられた避難路(写真:山崎 一邦)



馬場出入り口は2019年度中の供用目指す

横浜北トンネルを横浜港北JCT方向に走行。写真左手に見えるのが供用開始が遅れる馬場出入り口の分岐(写真:山崎 一邦)

 横浜北トンネルで1カ所だけ供用開始が遅れる馬場出入り口は、本線トンネルの地中拡幅部と地上とを、最小曲線半径50mという急曲線トンネルで結ぶ箇所。中間部が最大角で7.2度折れ曲がる「中折れシールド機」を用いている。

 馬場出入り口の供用開始が遅れるのは、近くに電力線の鉄塔があり、その基礎部などに影響を与えないために慎重な作業を要したことが、掘削の進捗に影響を与えたからだ。近隣住民への配慮から夜間作業を避けたことも、遅延要因となった。

工事中の馬場出入り口。本線トンネルの地中拡幅工事の様子で2014年10月時点(写真:日経コンストラクション)

 首都高速によれば、横浜北線が開通すると、例えば同線の新横浜出入り口付近と首都高湾岸線の本牧ふ頭出入り口付近との間の所要時間が10分短くなる(従来の25分から横浜北線開通後は15分)。また新横浜付近と羽田空港付近とのアクセスも10分短縮できるという。

横浜港北JCTの上部から見た西側の様子。横浜環状北西線の高架下部工事が進行中だ(写真:山崎 一邦)
横浜北線と横浜環状北西線の位置関係(資料:日経コンストラクション)

 横浜港北JCTや新横浜出入り口がある市北部は元々、市臨海部とのアクセス性がネックだった。横浜港北JCT以西で建設が本格化している横浜環状北西線(東名高速道路の横浜青葉インターチェンジと接続)が完成すれば、市北部と臨海部のアクセス性はさらに向上し、物流の円滑化などに寄与する効果が期待できる。横浜市と首都高速が分担して事業を進める北西線の完成予定は2021年度だが、市などは東京五輪前の前倒し開通も検討中だ。

山崎 一邦=フリーライター [日経コンストラクション

またもや死亡事故──2017年12月11日号を公開しました

建設業界の死亡事故の減少傾向に「待った」がかかっている。業界の活況の裏で進む人手不足は今後、死亡者をさらに増やす恐れがあり、現場における安全対策の抜本的な見直しが必要とされている。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)