• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

東京大改造

3月18日開通の横浜環状「横浜北線」、現地を公開

2017/02/10



市内最長の道路トンネルに

 横浜北線の中間区間は横浜北トンネルで、延長約5.9kmと総延長の7割を占める。本線部は、泥土圧式シールド工法で構築した外径12.3m、内径11.5mのトンネル2本(各2車線分)で構成。供用開始後は、市内で最長の道路トンネルになる。

横浜北トンネルの内部。岸谷生麦出入り口側の坑口から入ってすぐの地点(写真:山崎 一邦)

 同トンネルの本線区間は、2台のシールド機が新横浜出入り口付近の発進たて坑から並行する形で掘削。北側(東行き)のトンネルは2010年12月に発進して13年10月に、南側(西行き)は11年1月に発進して14年3月に、それぞれ貫通した。

 セグメントは、中央環状品川線と同じく「SFRCセグメント」を採用している。1ピースが幅2mと従来の標準より幅広で施工速度の向上が見込めるとともに、鋼繊維とポリプロピレン繊維を混入して耐久性・耐火性を高めたセグメントだ。耐火性が高いことから、セグメントの内側に二次覆工を構築する必要がないので、コスト削減にもつながったという。

横浜北トンネル本線の地下に設けられた避難路(写真:山崎 一邦)

山崎 一邦=フリーライター日経コンストラクション

2020年に向けて東京はこう変わる──
東京大改造マップ2017-2020

Amazonでご購入
日経BP書店でご購入

  • 日経アーキテクチュア(編)
  • 定価:本体1,200円+税
  • 発行日:2017年1月30日
  • 詳細・目次一覧

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする