• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経コンストラクショントップケンセツ的視点 > 記事(前のページ)

ケンセツ的視点

「君の名は。」建築に甘く土木に辛い?

2016/10/12

日経コンストラクション2013年5月13日号特集「人をひきつける広報」

 今を時めく大ヒット映画「君の名は。」の新海誠監督の名は、これまで一度だけ日経コンストラクションの誌面に出たことがある。かつて手がけた大成建設のCMについて、2013年5月13日号の記事で触れたためだ。その記事を担当した筆者は、光を繊細に描く映像美を記憶していた。
(関連記事:特集・人をひきつける広報 大手建設会社の人材確保策

 あのような映像が2時間近く続くのかと興味を覚えて「君の名は。」を見に行くと、土木や建築の一般社会でのイメージについて、予想以上に考えさせる内容だった。この映画の主要な支持者である若者のなかには、もしかすると見た後で、主人公の一人の男子高校生、立花瀧と同様に建築業界を志す人がいるかもしれない。一方、土木を志すことは決してありえないのではないか。そんなことを思った。
 *以下、「君の名は。」の内容に関する記述が含まれています。

アニメ映画「君の名は。」で東京を代表する景観の一つとして描かれた新宿警察署裏の交差点付近の超高層ビル街(東京都新宿区西新宿)。大成建設の本社がある新宿センタービルなどが林立する(写真:日経コンストラクション)

 作品の舞台は、瀧が住んでいる東京と、もう一人の主人公の女子高校生・宮水三葉が暮らしている岐阜県北部にある架空の「糸守町」だ。三葉にとって東京は憧れの対象という設定なので、新宿区西新宿の超高層ビル街、JR新宿駅南口界隈といった巨大建築群を中心に、実景以上に華麗で光に満ちあふれた美観として描いている。映画の終盤に瀧が就職活動で建築業界を志望することと相まってか、建築に関しては描き方が極めて肯定的であるように思われた。

安藤 剛日経コンストラクション

2018年を読む20語 ──2018年1月8日号を公開しました

大手4社の談合疑惑というビッグニュースが昨年末に飛び込んできたリニア中央新幹線。総工費9兆円の巨大事業の行方はどうなるのか──。土木界の2018年をキーワード20語で読み解く。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップケンセツ的視点 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする