• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップケンセツ的視点 > 記事(前のページ)

ケンセツ的視点

土砂で崩壊した市街地の日常

2017/05/01

 土砂災害といえば、主に地方の郊外や山間部で発生するイメージがあるが、実際には東京都内や近郊の市街地などでも起こり得る。その現場を目の当たりにした。

 埼玉県飯能市中藤下郷地区は市役所から西に約7km離れ、低い山に囲まれているが、100戸を超える戸建て住宅が傾斜地に建ち並ぶ住宅街だ。昨年9月20日、台風13号に伴う降雨がきっかけで、同地区の北東に位置する延長約70m、高さ3.3m程度の擁壁の一部が土圧に耐えきれなくなり、約50mにわたって崩壊した。現場を訪ねた4月23日時点でも復旧していなかった。

飯能市中藤下郷地区の住宅街で崩壊した擁壁(手前)。上部の駐車場が使えない状態になっている。南東の路上から4月23日に撮影(写真:日経コンストラクション)

崩壊した擁壁の側面。上端はコンクリートブロック積みになっていた。4月23日に撮影(写真:日経コンストラクション)

 飯能市は擁壁崩壊の直後に、上部に建つ家屋の住民5世帯と、擁壁の前にある家屋の住民8世帯に避難勧告を出し、4月下旬時点でも解除していない。擁壁上部の駐車場も使えない状態が続いている。

安藤 剛日経コンストラクション

インフラから始める地方創生──2017年9月25日号を公開しました

多くの自治体が税収減や福祉予算の増加に頭を抱えるなか、新幹線や高速道路といった従来型のインフラ整備による地域振興策には限界がある。一方、規模は小さくても設計や施工、運営に住民や企業を巻き込むことによって、インフラは地域を活性化する起爆剤となる。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップケンセツ的視点 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする