• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

東京大改造

首都高更新の注目現場「1号羽田線」を大公開

2016/06/02

 首都高速道路会社は5月30日、総事業費約1000億円を投じて更新する高速1号羽田線(東品川桟橋・鮫洲埋め立て部)の工事現場を報道陣に公開した。既に作業構台や迂回路の工事が進んでおり、来年の秋ごろから上り線の撤去に着手する。

1号羽田線の東品川桟橋部・鮫洲埋め立て部の現場。1分25秒までは、現場の対岸にある大井北換気所から撮影(動画:首都高速道路会社)

 1号羽田線の更新工事は2025年の完成に向けて、昨年8月に着工したばかり。同現場の実施設計者兼施工者は、大林組・清水建設・三井住友建設・東亜建設工業・青木あすなろ建設・川田工業・東京鉄骨橋梁・MMB(エム・エムブリッジ)・宮地エンジニアリングJVだ。

  • 関連記事:首都高大改造の工事第一弾、写真と図で徹底解剖
  • 関連記事:首都高大更新の初弾工事は大林組JVに
  • 1号羽田線の横で、迂回路設置に必要な用地整備が進む。国道357号の八潮橋から北向きに撮影(写真:日経コンストラクション)

     更新の対象は、鮫洲運転免許試験場付近から東京臨海高速鉄道の天王洲アイル駅付近までの約1.9kmだ。供用後50年以上がたつ高速道路を撤去して、新しく造り直す。1号羽田線は1日当たり7万台の重交通路線であることから、絶えず迂回路を設けて更新しなければならないという難工事になる。

    1号羽田線の東品川桟橋・鮫洲埋め立て部の更新範囲(資料:首都高速道路会社)

    真鍋 政彦日経コンストラクション

    ページの先頭へ

    日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)