• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

熊本で震度7

加勢川の堤防損傷で専門家が現地調査、九州地整

2016/04/15

 熊本地方で4月14日夜に発生した大規模地震に関して、国土交通省九州地方整備局は4月15日、熊本市内を流れる加勢川右岸で堤防の損傷を確認したと発表。合わせて、復旧工法などについて専門的知見を求めるため、複数の有識者などに調査を要請したことを明らかにした。

熊本市内を流れる加勢川の中流域で右岸側に見つかった堤防の損傷(写真:国土交通省九州地方整備局河川部河川計画課)

 堤防の損傷が見つかった加勢川は、熊本県中部を流れる緑川水系の一級河川。市中央区の江津湖(下江津湖南端付近)から流れ出し、木山川などからの流れと合流したうえで、市内をほぼ西方に横切る河川だ。損傷が見つかったのは、市東区画図(えず)町下無田付近で、中の瀬橋(国道266号)の上流側などだ。同地整の職員が15日朝の緊急点検で発見した。

現場の位置。写真で加勢川右岸の「9k800」地点付近で堤防の損傷が見つかった(写真:国土交通省九州地方整備局河川部河川計画課)

 同地整が調査を要請したのは、安福規之・九州大学大学院工学研究院(社会基盤部門)教授、石藏良平・同助教、前田健一・名古屋工業大学社会工学科教授の3人に加えて、国交省国土技術政策総合研究所および土木研究所の各専門家。これら専門家らは15日午前中に同地整熊本河川国道事務所に集まり、正午ごろから現地調査を開始した模様だ。調査結果の発表スケジュールは、現時点では未定だ。

下田 健太郎日経コンストラクション

インフラから始める地方創生──2017年9月25日号を公開しました

多くの自治体が税収減や福祉予算の増加に頭を抱えるなか、新幹線や高速道路といった従来型のインフラ整備による地域振興策には限界がある。一方、規模は小さくても設計や施工、運営に住民や企業を巻き込むことによって、インフラは地域を活性化する起爆剤となる。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする