博多再掘削、なお残る“風化岩”への不安

2017/11/14

日経コンストラクション

緩い砂層にあらかじめ大規模な地盤改良を施し、その下をNATMで再び掘る――。トンネルの施工中に大規模な陥没事故があった地下鉄七隈線延伸工事。再掘削の工法が決まったものの、計画の成否の鍵を握るのは、またもや風化した岩盤だ。

長谷川 瑤子日経コンストラクション