3次元で見えた「へり」、博多陥没現場の危うい地盤

2017/03/17

日経コンストラクション

JR博多駅前で2016年11月に起きた大規模な陥没事故。事故当時に掘っていた箇所は地層の「へり」に当たり、地層の厚さや強度が急激に変化しやすい条件だったことが、地盤の3次元モデルから浮かび上がった。

長谷川 瑤子日経コンストラクション