• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップバックナンバー2017年11月13日号 > 記事(前のページ)

2017年11月13日号

特集 点検はしたけれど…

点検に自ら乗り出す橋梁メーカー

カギ握る人材確保 建設産業の動向

2017/11/09

ALT

建設会社は既存インフラの老朽化問題への対処で欠かせない存在ではあるが、出番は通常、補修や更新のために何らかの工事が必要と判明してからになる。工事の必要性を判断する点検・診断業務は、客観性を確保するため、建設会社に発注されることは原則として無い。

点検はしたけれど… ──2017年11月13日号を公開しました

2014年7月に橋やトンネルなどの定期点検が義務付けられて3年が過ぎた。5年に1回の点検なので、来年度で1巡目が終わる。2巡目に向けて見直しを求める声が相次ぐなど課題が山積だ。深刻さを増すインフラ老朽化問題にどう向き合うべきか。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップバックナンバー2017年11月13日号 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする