• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップバックナンバー2017年11月13日号 > 記事(前のページ)

2017年11月13日号

特集 点検はしたけれど…

研修用に実物大インフラ模型

カギ握る人材確保 育成環境の向上

2017/11/09

ALT

橋梁などの維持管理では、点検や診断の技術力を持つ人材の確保も大きな課題だ。道路管理に関わる産学官が、実物大のインフラ模型を備えた研修施設を開設するなどして育成に取り組んでいる。優れた技術力を持つ検査会社を存続させるために子会社化する橋梁メーカーも現れた。

点検はしたけれど… ──2017年11月13日号を公開しました

2014年7月に橋やトンネルなどの定期点検が義務付けられて3年が過ぎた。5年に1回の点検なので、来年度で1巡目が終わる。2巡目に向けて見直しを求める声が相次ぐなど課題が山積だ。深刻さを増すインフラ老朽化問題にどう向き合うべきか。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップバックナンバー2017年11月13日号 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする