日経コンストラクショントップバックナンバー2017年11月13日号 > 記事(前のページ)

2017年11月13日号

特集 点検はしたけれど…

診断出ても方針決まらず

問われる“点検後” 自治体の苦悩

2017/11/09

ALT

1巡目が終わる2018年度に向けて、自治体などの定期点検はほぼ予定通り進んでいる。しかし、問題は点検結果を受けた後の対処。補修したくても予算が足りず、撤去したくても住民の合意が得られないなど、悩みは尽きない。

点検はしたけれど… ──2017年11月13日号を公開しました

2014年7月に橋やトンネルなどの定期点検が義務付けられて3年が過ぎた。5年に1回の点検なので、来年度で1巡目が終わる。2巡目に向けて見直しを求める声が相次ぐなど課題が山積だ。深刻さを増すインフラ老朽化問題にどう向き合うべきか。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

読者のコメント※[ログイン]すると全文表示、投稿・投票ができます

  • まだコメントがありません。下記のフォームから投稿してください。

コメントに関するご注意

  • ・投稿されたコメントは査読のうえ公開します。コメント末尾の日時は投稿時点のものです。用字用語などは当社規定に沿って変更、明らかな間違いや不適切な表現は原文の意図を損なわない範囲で変更します。不適切と判断したコメントは公開しません。公開後の修正・削除もあります。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ・コメントは本サイトや当社媒体に転載する場合があります。その際、読者から寄せられたことを明示します。
  • ・記事への質問は問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄に投稿いただきましても回答できません。
  • ・投稿の内容について当社は信頼性や適法性を保証しません。トラブルが発生しても責任を負えません。

日経コンストラクショントップバックナンバー2017年11月13日号 > 記事(前のページ)