• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経コンストラクショントップ土木のチカラ2019 > 記事(前のページ)

ALT

土木のチカラ

日経コンストラクション編集長から

2017/12/08

学生向け特別版「建築の鼓動&土木のチカラ2019」は1冊丸ごとPDFでもお読みいただけます。雑誌と同じレイアウトで、迫力ある見開きの写真をそのままに。 [PDFをダウンロード(116ページ、約57MB)

 ここ数年で、社会インフラや公共事業を取り巻く環境が大きく変わりつつあります。東日本大震災や熊本地震、中央自動車道での天井板崩落事故など、社会に対してインフラの存在意義を問う出来事が立て続けに起こりました。従来、「ムダ」という文脈で語られる機会が少なくなかった土木の仕事ですが、人命や財産を守る仕事として、社会的意義が増しています。

 単にハードとしてのインフラを整備するだけでなく、人々の生活やまちづくり、国土の在り方について議論することも必要になっています。インフラのメンテナンスも喫緊の課題です。もはや土木の仕事は、「構造物をつくる」ことにとどまりません。ソフトも含めた様々な手立てを使って、社会問題を解決することこそが使命なのです。

 問題の解決は、建設産業の力だけでは不可能です。例えば、構造物にセンサーを取り付けて劣化状況を把握する、インフラの効率的な運用に向けてAI(人工知能)やビッグデータを活用するなど、他産業とのコラボレーションも盛んになってきました。土木の仕事のフィールドは従来にないスピードで広がり、若い力を生かせる場面が間違いなく増えています。

 土木には、おそらく皆さんが考えているより多くの面白い仕事があって、そこでは若い世代の技術者が生き生きと働いています。土木の総合情報誌「日経コンストラクション」では、そうした情報を学生の皆さんに少しでも知ってもらいたいという思いから、本書を発行しました。土木の仕事の内容を具体的に、またビジュアルをふんだんに用いて紹介するとともに、若手技術者がどんな思いを抱きながら仕事に向き合っているかを描きました。学生の皆さんに、少しでも土木の仕事を身近なもの、魅力あるものと感じてもらえれば幸いです。

日経コンストラクション編集長 野中 賢

 ウェブ会員(無料)にご登録いただくと、日経コンストラクションが報じた土木系の最新ニュース(公開後2週間以内)が無料でご覧になれます。
 また、サイトの新着情報をお知らせするメールマガジン「日経コンストラクション・ウェブ会員メール」を配信いたします。(通常号を火、木曜に、特別号を不定期に配信)
 この機会にぜひご登録ください。 [ご登録はこちら

日経コンストラクション

またもや死亡事故──2017年12月11日号を公開しました

建設業界の死亡事故の減少傾向に「待った」がかかっている。業界の活況の裏で進む人手不足は今後、死亡者をさらに増やす恐れがあり、現場における安全対策の抜本的な見直しが必要とされている。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ土木のチカラ2019 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする