• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経コンストラクショントップ土木のチカラ2019 > 記事(前のページ)

ALT

巻頭言

社会へ飛び出すあなたへ

2017/12/08

学生向け特別版「建築の鼓動&土木のチカラ2019」は1冊丸ごとPDFでもお読みいただけます。雑誌と同じレイアウトで、迫力ある見開きの写真をそのままに。 [PDFをダウンロード(116ページ、約57MB)

 ロボットやAI(人工知能)などの技術革新によって、これまで当たり前にあった仕事が突然なくなってしまう──。そんな未来予測的な話題が世間をにぎわす時代になってきました。仕事の3割はロボットに置き換えられるとか、5割はAIで代替できるといった類の話です。もちろん、建築や土木の仕事も無縁ではありません。

 ただ、建築や土木の分野は、ロボットやAIに仕事を奪われるというよりむしろ、ロボットやAIを積極的に活用していかなければ仕事自体が成り立たなくなるということでしょう。国内では100万人規模の高齢技能者が今後10年で離職するとみられているからです。

 もちろん、建築や土木の仕事がなくなるわけでもありません。建築や土木は将来も、ハード・ソフトの両面から人々の暮らしや経済活動を支えるベースであり続けるに違いありません。

 建築や土木はいま、いろんな意味で大きな転換期を迎えています。高度経済成長期につくられ陳腐化したり老朽化したりしたものは、更新や改修によって次代の求める機能につくり変えていかなければなりません。人口減少を踏まえて統廃合を進めるべき公共施設もあるでしょう。超高齢社会への対応、環境負荷の軽減、防災、国際化、生産性向上なども、ますます重要になります。新しくつくるにしても、ストックを生かすにしても、国土や都市を改造するにしても、次代を見据えた新しい考え方が求められています。建築や土木の世界は、若い人たちの発想や行動力を必要としているのです。

 建築の総合情報誌「日経アーキテクチュア」と土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、普段はそれぞれの分野の実務者向けに専門情報を提供しています。この「学生向け特別版」は、編集部が収集した情報のなかから、新社会人となる皆さんに役立つ情報を選んでお届けするものです。この冊子が社会に飛び出す皆さんにとって、自分の進路を考える一助となることを願っています。

日経BP社建設メディア発行人 畠中克弘

 ウェブ会員(無料)にご登録いただくと、日経コンストラクションが報じた土木系の最新ニュース(公開後2週間以内)が無料でご覧になれます。
 また、サイトの新着情報をお知らせするメールマガジン「日経コンストラクション・ウェブ会員メール」を配信いたします。(通常号を火、木曜に、特別号を不定期に配信)
 この機会にぜひご登録ください。 [ご登録はこちら

日経コンストラクション

またもや死亡事故──2017年12月11日号を公開しました

建設業界の死亡事故の減少傾向に「待った」がかかっている。業界の活況の裏で進む人手不足は今後、死亡者をさらに増やす恐れがあり、現場における安全対策の抜本的な見直しが必要とされている。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ土木のチカラ2019 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする