• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ設計不具合の防ぎ方 > 記事(前のページ)

設計不具合の防ぎ方

杭が干渉、発注者が明かした設計不具合

(1)橋梁設計の不具合66事例から

2017/03/16

橋梁編10 上下部構造の調整不足で橋脚位置を誤った

概要

 協議用に作成した拡幅上部構造の概略設計の図面をもとに増設橋脚の設計を行ったが、間詰部も考慮した最終上部構造を反映した図面を作成したところ支承が配置できなかった。原因は、組織間の情報伝達不足により、最終上部構造を反映した図面をもとに、下部構造の設計が行なわれなかったためである。

解説図

(資料:阪神高速道路株式会社・設計不具合改善検討会)

対策

 最終上部構造に適する支承位置となるように増設橋脚柱の位置を変更した。

担当者の声

 下部構造図の作成段階で、発注者、上部構造設計者との3者間で、施工過程も含めた決定根拠が合っているかを確認すべきであった。上下部構造境界部の不具合は多いため、発注者が各設計者との間での情報共有に特に気をつけなければならない。

阪神高速道路株式会社・設計不具合改善検討会日経コンストラクション

敵か味方か「建設スタートアップ」──10月23日号を公開しました

革新的な技術を武器に急成長を目指す「スタートアップ」企業が、建設市場で存在感を増している。現状で満足する者には秩序を乱す敵となり、成長を志す者には心強い味方となる。あなたの目には、どう映る?
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ設計不具合の防ぎ方 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする