• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ編集長が語る日経コンストラクションの見どころ > 記事(前のページ)

編集長が語る日経コンストラクションの見どころ

まだ「壁厚い」プレキャストの採用、打開策は?

2016/12/08

 今年度に入って取り組みが本格化しているi-Construction。ドローンや情報化施工、CIMといったICT(情報通信技術)の活用に、どうしても目が向きがちです。しかし、i-Constructionで目指しているのはそれだけではありません。規格の標準化をはじめとしたコンクリート工の省力化も重要なテーマです。

 日経コンストラクション12月12日号では、そんな「ICTじゃない方」のi-Constructionに焦点を当てた特集「省力化で巻き返すコンクリート工」を企画しました。

日経コンストラクション2016年12月12日号特集「省力化で巻き返すコンクリート工」から

 コンクリート工の省力化でまず思い浮かぶのが、プレキャスト製品の活用でしょう。かなり昔から普及していますが、技術はどんどん進歩しています。特に最近では、「接合部の工夫」や「大型化」といったキーワードで、各社が開発を進めています。

 部材をプレキャスト化しても、部材同士の接合部で鉄筋を組み、コンクリートを充填する作業は残ります。その手間が課題になっていました。大林組は建築の技術も取り入れて、接合部も含めて「フルプレキャスト化」する技術を実用化しています。

 一方、現場作業効率化のために、部材を大型化するのも一つの方向性です。ただし、主に重量の面で、現場への搬入や据え付け時に制限が出てきます。それを回避するために、枠だけをプレキャスト化してコンクリートの充填を現場で行う「ハーフプレキャスト」の採用例も増えてきました。時間や手間の面で課題となりがちなコンクリート打設ですが、状況によっては積極的に利用するという方法もあるのです。

 さて、このように技術開発が進み、省力化の効果も大きいプレキャスト・コンクリートですが、採用に当たっての「壁」はまだ厚いようです。多くの人が指摘するのが、コストがかかる点。品質が良く、省力化が可能で、工期が短くなるとしても、高いものは選びにくいというわけです。

 ただし、この「高い」というのはあくまで直接工事費の部分。条件によりますが、工期短縮による間接工事費の削減分などを加味すれば、ほぼ同等になるという試算もあります。現在の積算で率計上としている間接工事費に関しては、直接工事費が高ければ間接工事費も高くなり、工期短縮のメリットが反映されないのです。プレキャスト製品の導入によって省力化を実現するには、積算や入札・契約の仕組みの見直しが欠かせません。

野中 賢=日経コンストラクション編集長日経コンストラクション

敵か味方か「建設スタートアップ」──10月23日号を公開しました

革新的な技術を武器に急成長を目指す「スタートアップ」企業が、建設市場で存在感を増している。現状で満足する者には秩序を乱す敵となり、成長を志す者には心強い味方となる。あなたの目には、どう映る?
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ編集長が語る日経コンストラクションの見どころ > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする