• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経不動産マーケット情報トップバックナンバー > 2016年10月号

[最新号目次]

2016年10月号

銀座で坪1億4000万円超、オンワードが阪急に売却

特集

[限] 沖縄のホテル投資市場 よみがえる破綻プロジェクト、盛り上がる観光需要に大手も本腰

アジア各国からのインバウンド需要をけん引役に、年率2ケタのペースで観光客の増加が続く沖縄。太陽と白砂のビーチを求める来訪者の群れを追うように、東京の大手デベロッパーが続々と進出を決めている。買収のターゲットとなるのは、かつて競うように進出した新興系不動産会社が県内各地に残した一群の未完成プロジェクトだ。[PDF]

オフィス市況トレンド

[限] 新築オフィスビルの稼働率 竣工済み稼働率は96%に上昇、建設中ビルで内定ペース鈍化

新築ビルは、竣工済み物件で順調にテナントを集めたものの、未竣工物件では大型ビルを中心に内定ペースの鈍化が顕著になっている。51棟の加重平均稼働率は74%。半年前の前回調査と比べて3ポイント低下した。ただし、竣工済みの30物件に限ると96%で、2ポイント改善している。前回稼働率80%だった品川シーズンテラスは、13ポイント上げて93%。完成から約1年半で満室目前となった。JR新宿ミライナタワーは本誌推定で、前回の75%から一気に25ポイント伸びて、ほぼ100%となった。[PDF]

企業移転ニュース DMMが住不六本木グランドへ、ZENITAKA ANNEXにネクスト

売買レポート

  • 銀座で坪1億4000万円超、オンワードが阪急に売却
  • ヒューリックが取得、延べ床5300m2のオフィス
  • 京阪電鉄の私募REITが運用開始、当初資産は大阪のオフィスなど
  • 帝人が大阪本社をJR九州に売却、中之島の新築ビルなどへ移転
  • 新宿南口近くのオフィス・店舗ビル、京王電鉄が会社売買で取得
  • サイバーエージェント拠点、オリックスREITが90億円で
  • 三菱地所レジと清水総合開発、2000m2でマンション開発へ
  • 西区のオフィス2棟、NTT都市開発が取得
  • 六本木駅近くの隣接店舗ビル2棟、ベルーナ関連会社が転売目的で
  • ケネディクスが独投資会社から青山通りのオフィスビル
  • ヴェロックスが売却、赤坂通りの店舗ビル
  • 隣接の小規模ビル3棟、S.O.W.が新潟総合学院などから
  • トーセイがアストロから取得、傘下REITに優先交渉権
  • 165戸のタワーマンション、野村不動産の私募REITが取得
  • 85億円で自社保有に、ウェルス・マネジメント
  • フォートレスが取得、客室数110のホテル
  • 135億円で駅前商業施設など4物件、ユナイテッド・アーバン
  • 神南の旧ユニクロ店舗ビル、住友商事の私募REITが取得 ほか

売買事例一覧 122件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • 日本商業開発が私募REIT、底地特化型で1000億円規模へ
  • 不動産市場で高まるアジア保険会社の存在感 ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップバックナンバー > 2016年10月号