• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経不動産マーケット情報トップバックナンバー > 2016年8月号

[最新号目次]

2016年8月号

三井不動産の一棟所有に、プルデンシャルから持分取得

特集

[限] オフィス賃貸借のトラブル テナントを悩ます原状回復費高騰、坪12万円が半分になる減額事例も

オフィス退去時の原状回復工事費の高騰が、テナントを悩ませている。6月には大型訴訟が勃発した。なかには専門家の力を借りて、大幅減額に成功した事例もある。トラブルで浮かび上がるのはテナントの認識不足と、一部ビルオーナー・工事会社の不十分な対応だ。選ばれるビルづくりに熱心なデベロッパー各社だが、退去するテナントへの対応には課題が残る。[PDF]

売買事例分析

[限] 4月~6月の動向 4四半期連続で前年比マイナス、売買高の伸び悩みが鮮明に

売買高が1兆円を超えた第1四半期から一転、第2四半期は半分の5254億円にとどまった。例年、決算期の反動で売買が停滞するものの、前年同期比で見ても4四半期連続でのマイナスを記録。マクロ経済の先行きと相まって、将来に不透明感をもたらしている。一方、大型ホテルや物流用地への強気の投資が目を引き、市況はまだら模様の様相を呈している。[PDF]

オフィス市況トレンド

[限] 成約賃料調査 勢い欠くも賃料はじわり上昇、小割りで収益性高めるビルも

本誌が東京、神奈川、大阪のオフィスエリア28カ所を対象に実施しているオフィスビル成約賃料調査。今回は2016年6月末時点の調査だ。大規模ビルの成約水準が、半年前と比べて平均5%以上上昇したエリアは4カ所、変動率5%未満の横ばいは24カ所、下落したエリアはゼロだった。[PDF]

企業移転ニュース DTSが17年完成の八丁堀に、紀尾井タワーにタイ食品商社

売買レポート

  • 三井不動産の一棟所有に、プルデンシャルから持分取得
  • ドイツ銀行が90億円で双日の大阪拠点ビル
  • FM東京近くのオフィスビル、関電不動産開発が取得
  • 30億円で吉野家からPALTACの所有に
  • 銀座ソニー通り沿いの店舗ビル、個人が日総ビルディングから
  • 長沼静きもの学院の入居ビル、東京建物が取得
  • 114億円で複合ビル、ジャパンエクセレント
  • 建物の持分8割、住友商事が興銀リースに売却
  • 建て替え後のオフィス部分、新日鉄興和と大成などのSPCへ
  • 89室のビジネスホテル、香港SiSが取得
  • 評価額156億円のビルを取得、インベスコ・オフィス出資のSPC
  • 店舗・オフィスビルをボルテックスが区分販売へ
  • 表参道駅近くで取得、東京メトロが店舗ビル
  • 延べ床5万m2が売買に、ケネディクスがAMを担当
  • 住友不動産が持分80%、電通などから
  • 三菱商事系の私募REITが取得、佐川急便入居の大規模物流施設 ほか

売買事例一覧 142件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • 三井不の物流REITが8月上場、9物件・755億円規模へ
  • 英国のEU離脱、アジア太平洋市場への影響 ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップバックナンバー > 2016年8月号