• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経不動産マーケット情報トップバックナンバー > 2017年4月号

[最新号目次]

2017年4月号

三菱地所が63%を追加取得、会社買収通じて

特集

[限] 火ぶた切られたIR カジノ解禁に沸き立つ官と民、不動産会社に新たな事業機会

カジノを含めたIR(統合型リゾート)の整備を政府に促す「IR推進法」が、2016年12月に施行された。市場規模約3兆円との試算もある巨大事業に、自治体の誘致活動も熱を帯びてきた。海外のカジノオペレーターも日本市場への参入に意欲をみせる。カジノ以外の施設の開発・運営や周辺地域への投資など、国内不動産会社にも新たな事業機会が誕生しそうだ。[PDF]

オフィス市況トレンド

[限] 新築オフィスビルの稼働率 竣工済み物件は一時的に低下、年度末に向けて追い上げ開始も

大規模ビルでは、テナント決定に時間を要する状況が続いていたが、年明けから急加速。今後、空室の順調な解消が見込まれそうだ。今回は、東京23区内において2015年4月~2018年4月に完成、または完成予定の延べ床面積1万m2以上の新築ビル52棟のオフィス賃貸床面積と稼働面積、稼働率を調べた。この結果、内定や本誌推定を含めた52棟の加重平均稼働率は72%。竣工済み33棟に限ると88%で、2015年夏調査以来の90%割れとなった。[PDF]

企業移転ニュース 旭化成が18年完成の新日比谷に、建て替え予定の日本ビルにパソナ

売買レポート

  • 三菱地所が63%を追加取得、会社買収通じて
  • シンガポールCapitaLand、500億円で4物件を取得
  • IHIが三井不動産などに売却、合計266億円の譲渡益
  • サンケイビルが売却、新橋のビジネスホテル
  • 日本テレビが取得、東芝所有の旧邸宅
  • グリーンオークがオフィスを売却、SIA不動産投資法人のSPCに
  • ヒューリックがオリックスから満室稼働の築浅物件
  • 167億円で追加と新規の取得、ジャパンリアルエステイト
  • 182億円で住友生命から、ユナイテッド・アーバン
  • 三菱地所の私募REIT、AUMが3000億円超に
  • モルガン・スタンレーが取得、元アディダス入居の複合ビル
  • 621億円でイオンリートが5物件、関西や九州の商業施設など
  • 大阪と札幌の店舗を200億円超で、野村不動産マスターファンド
  • 銀座のバリューアップビル、サンフロンティアが売却
  • 約120億円で取得、ラサールロジポート
  • 118億円で中村屋が売却、旧マイクロソフト本社ビル
  • 679億円で15物件、大和ハウスリート
  • 神田駅近くのオフィスビル、ボルテックスがテンワスから ほか

売買事例一覧 118件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • ホテル26棟の計画を進行、第一リアルターが赤坂などで
  • 物流施設の賃料見通し悪化が顕著に ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップバックナンバー > 2017年4月号