• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経不動産マーケット情報トップ関連書籍 > 記事(前のページ)

日経不動産マーケット情報 書籍など 1000円以上のご注文で配送料無料!

不動産の価格がわかる本

マーケット転換期の投資・運用策が見えてくる


定価:本体3,200円+税
大和不動産鑑定(編著)
A5判、304ページ
ISBN:978-4-8222-0051-0
商品番号:244410
発行日:2016年4月18日

注目アセットの価格評価の基本や市場サイクルが理解できる!
不動産で収益向上を目指す実務者必読。年間3000件以上の資産評価を手がけるプロ集団が指南。

不動産事業の特徴は、対象とする建物や土地の金額が大きいことにあります。取引価格や賃料が高いか安いか、関わる時期が市況の回復期か後退期かで、投資や事業の勝負が決まります。
不動産の用途はオフィスビル、住宅、商業施設、ホテル、ヘルスケアアセット(老人ホームなど)、物流施設、ゴルフ場など多種多様で、業務内容は売買、賃貸、管理、仲介、融資、開発、鑑定、調査など多岐にわたります。

これら各種不動産の特徴や価格評価手法を、一冊でわかるようにまとめました。現場で評価業務に携わる不動産鑑定士が、それぞれ専門の分野について実務的なケーススタディーを交え、わかりやすく解説しています。
価格評価のポイントや市場サイクルを知ることで、マーケット転換期の投資・運用策が見えてきます。

■ こんなことがわかります

  • 不動産市場のサイクル
  • 価格評価の基本
  • オフィス、住宅、商業施設、ホテル、ヘルスケアアセット、物流施設、インフラ、ゴルフ場などの特徴や評価方法
  • 建物調査や土壌調査の勘所
  • 海外不動産の評価方法と注意点

■ こんな使い方もできます

  • 主要8分野の不動産の価格評価をケーススタディーで学ぶことができます(鑑定評価概要付き)。
  • 「リニューアルしたビルの価格は?」「新耐震と旧耐震で何が違う?」「定期借地権のメリットは?」など、価格評価や物件調査にまつわる“よくある疑問”を24本のコラムとして収録しました。

■ こんな方におすすめします

  • 不動産で収益向上を目指す人
  • 一般事業会社の資産管理の担当者
  • 不動産会社や金融機関、ファンド運用会社の方

■ こんな人たちが執筆しました

  • 年間3000件以上の資産評価を手がける、大和不動産鑑定という会社の専門家です。

目次

第1章 不動産市場のサイクル

  • 過去を知って未来を読む
  • バブル経済の発生
  • バブルのピークと崩壊
  • 金融危機と不良債権処理
  • 不動産証券化の拡大
  • ファンドバブルとリーマンショック
  • 東日本大震災.アベノミクス
  • 今後の不動産市場
  • コラム 鑑定や建物調査の報酬目安は?

第2章 価格評価の基本

  • 不動産の鑑定評価
  • 価格の三面性
  • 原価法
  • 取引事例比較法
  • 収益還元法
  • 還元利回りの考え方
  • コラム 信託受益権にするメリットは?

第3章 オフィスビル

  • オフィスビルの評価
  • オフィスビルの収入
  • オフィスビルの費用
  • 還元利回りの査定
  • 自社ビルの価格
  • 全国主要オフィスエリアの特性
  • ケーススタディー
  • コラム オフィスプライス・インデックスとは?
  • コラム リニューアルしたビルの価格は?

第4章 住宅

  • 住宅の評価
  • 賃貸マンションの収入
  • 賃貸マンションの費用
  • 還元利回りの査定
  • 一時金の評価上の取り扱い
  • 投資対象としてどのエリアがよいか
  • ケーススタディー
  • コラム マイホームは買うべきか借りるべきか?
  • コラム 自殺物件は格安?

第5章 商業施設

  • 商業施設の種類
  • 商業施設の契約形態
  • 商業施設の賃料形態
  • 商業施設の評価
  • 賃貸借契約形態による評価の違い
  • ショッピングセンター評価の注意点
  • 商業施設の評価に当たって目安となる数値
  • その他の商業施設
  • ケーススタディー
  • コラム 商業施設のブランド価値とは?
  • コラム エリアの人口減少をどうみるか?

第6章 ホテル

  • ホテルが注目される背景
  • ホテルのタイプ別分類
  • タイプ別の事業特性
  • ホテルの価格評価手法
  • ホテルに関する専門用語
  • ホテルの運営形態
  • ホテルの賃料形態
  • 還元利回りに影響を与える要因
  • 価格の評価に当たって目安となる数値
  • ホテル投資のスタンス
  • ケーススタディー
  • コラム 廃墟となったリゾートマンションの価格は?
  • コラム 収益価格と積算価格が乖離したら?

第7章 ヘルスケアアセット

  • ヘルスケアアセットが注目される背景
  • ヘルスケアアセットの種類
  • 老人ホームの評価手法
  • 老人ホーム評価の注意点
  • 評価に当たって目安となる数値
  • 病院の市場動向
  • ケーススタディー
  • コラム 評価が難しい物件は?
  • コラム 建物管理の良否は価格に影響するか?

第8章 物流施設

  • 物流施設とは何か
  • 物流施設が投資対象となった背景
  • 地域要因
  • 土地の個別的要因
  • 建物の個別的要因
  • 物流施設を評価するうえでの留意点
  • ケーススタディー
  • コラム 定期借地権のメリットは?
  • コラム 継続賃料ってどんな賃料?

第9章 インフラ

  • インフラアセットとは何か
  • インフラアセットが注目される背景
  • インフラアセットの評価
  • インフラアセットの収入項目
  • インフラアセットの費用項目
  • インフラアセットの割引率と復帰価格
  • インフラアセット評価の注意点
  • インフラファンド
  • ケーススタディー
  • コラム 鑑定士の仕事は価格を出すことだけ?

第10章 ゴルフ場

  • 価格評価の目的
  • 売買マーケットにおけるプレーヤーの変遷
  • ゴルフ場は特殊なアセット
  • ゴルフ場の評価
  • アップサイドが狙えるゴルフ場とは
  • ゴルフ場の見分け方
  • 買い手にとって良いゴルフ場とは
  • ケーススタディー
  • コラム 地代の水準はどのように把握したらよいか?
  • コラム 近隣に迷惑施設や競合施設ができたら?

第11章 建物調査

  • エンジニアリング・レポートの役割
  • エンジニアリング・レポートの内容
  • 劣化状況調査のポイント
  • 建築調査のポイント
  • 設備調査のポイント
  • 遵法性調査とは
  • 修繕更新費用とは
  • 再調達価格とは
  • アスベストとPCB
  • コラム 新耐震と旧耐震で何が違う?
  • コラム 鑑定評価書と調査報告書の違いは?
  • コラム 環境認証を取得したら不動産価値は上がる?

第12章 土壌調査

  • 土壌汚染とは何か
  • 目安となる基準の数値
  • 土壌汚染の可能性があるケース
  • 土壌汚染調査の必要性
  • 実際の調査方法
  • 汚染があった場合どうするか
  • ケーススタディー
  • コラム 役所調査の極意とは?
  • コラム 固定資産税額を推定するには?

第13章 海外不動産

  • 海外不動産ビジネスの状況
  • 主要な国・地域の不動産評価制度
  • 海外不動産の評価
  • 主要な国・地域の登録制度や慣習
  • 主要な国・地域の建物面積の測定
  • コラム アジア・オフィスプライス・インデックスとは?
  • コラム 鑑定士が依頼者からプレッシャーを受けたら?

コラム目次

  • 鑑定や建物調査の報酬目安は?
  • 信託受益権にするメリットは?
  • オフィスプライス・インデックスとは?
  • リニューアルしたビルの価格は?
  • マイホームは買うべきか借りるべきか?
  • 自殺物件は格安?
  • 商業施設のブランド価値とは?
  • エリアの人口減少をどうみるか?
  • 廃墟となったリゾートマンションの価格は?
  • 収益価格と積算価格が乖離したら?
  • 評価が難しい物件は?
  • 建物管理の良否は価格に影響するか?
  • 定期借地権のメリットは?
  • 継続賃料ってどんな賃料?
  • 鑑定士の仕事は価格を出すことだけ?
  • 地代の水準はどのように把握したらよいか?
  • 近隣に迷惑施設や競合施設ができたら?
  • 新耐震と旧耐震で何が違う?
  • 鑑定評価書と調査報告書の違いは?
  • 環境認証を取得したら不動産価値は上がる?
  • 役所調査の極意とは?
  • 固定資産税額を推定するには?
  • アジア・オフィスプライス・インデックスとは?
  • 鑑定士が依頼者からプレッシャーを受けたら?

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ関連書籍 > 記事(前のページ)