• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップ関連書籍 > 記事(前のページ)

東京大改造マップ2017-2020

日経BPムック


定価:本体1,200円+税
日経アーキテクチュア(編)
A4変型判、164ページ
ISBN:978-4-8222-3932-9
商品番号:260360
発行日:2017年1月30日

2020年に向けて東京はこう変わる──

東京五輪を機とする様々なインフラの整備、国の中枢として避けることのできない国際的都市間競争、その先に求められる成熟のために急ピッチで進む東京の都市改造をレポートする好評シリーズの第4弾。

日経BP社が発行する建設系メディアの視点から整理し、豊富なビジュアルや独自の詳細な地図を使って分かりやすく解説します。

長期的な視野で持つべき都市像、都心ならではのライフスタイルの創出、文化・歴史的な資源を活用するまちの整備など「大改造時代」の中で見逃せない動向の情報を盛り込み、都市を舞台とする今後のビジネスや暮らしの手がかりとなる1冊です。

綴じ込み地図 「東京大改造でかマップ」

ほぼA全判、昨年と同サイズの大型マップが今年も付きます。上記の10エリアをはじめ23区内の別のエリア、東京と近接する地域も含めたおよそ300件の開発プロジェクトを地図上に表示します。各開発の位置関係が分かるほか、道路や鉄道の開発も一目瞭然です。

目次

建築ニュースにみる 東京激変事情

東京圏大改造カウントダウン

都内注目10エリアと横浜、その近未来像
  • 注目エリア1 虎ノ門・赤坂・六本木
  •  「日本の顔」の座に向けて開発本番
  •  デベロッパー各社の肝いりプロジェクトが連なる
  • 注目エリア2 渋谷
  •  駅周辺4街区の建設が同時進行
  •  巨大な回遊ネットワークを一体で整備
  • 注目エリア3 晴海・豊洲・有明
  •  運河沿いの未整備街区の開発本番
  •  住宅系の大規模開発、五輪施設そして交通インフラで激変
  • 注目エリア4 品川・浜松町・目黒
  •  「日本の玄関口」機能を大幅強化
  •  新駅設置に駅前大型開発など続々
  •  【東京の河川交通】羽田と湾岸を結ぶ結節点・天王洲アイル
  • 注目エリア5 大手町・八重洲・京橋
  •  金融や交通整備を軸に開発
  •  常盤橋・八重洲の巨大開発は五輪後に本格化
  •  【災害対策】大丸有エリアに新型防災拠点
  • 注目エリア6 日本橋・神田
  •  日本橋再生計画が本格化
  •  開発の動きは神田方面に広がる
  • 注目エリア7 銀座・日比谷
  •  銀座6丁目の巨大開発が竣工
  •  臨海地域を結ぶ地下鉄「新銀座駅」の構想も
  • 注目エリア8 上野(文化資源エリア)
  •  文化芸術・文教エリアの魅力を糧に
  •  改修・リノベーション進展がカギ
  • ●座談会 新しい建築家像、新しい都市像
  •  自立した働き方が「まち」を変える
  • 注目エリア9 池袋
  •  旧庁舎跡は2020年春に開業
  •  8つの劇場でアート・カルチャー都市構想を実現
  • 注目エリア10 新宿・四谷
  •  駅周辺がひと段落、西部と東部へ
  •  西新宿、四谷・飯田橋など大規模開発が目白押し
  •  【その他エリア・中野】中野駅前の“顔”にアリーナを整備
  • ●五輪施設
  •  「杜のスタジアム」がつくる神宮外苑の新景観
  •  整備費増は他の施設でも
  • 注目エリア11 横浜
  •  20年目標に駅ビルや庁舎を開発
  •  歴史的建造物や水辺空間を活用した街並みを創造
  • ●ガイドブックの中のTOKYO
  •  増え続ける訪日外国人の「東京観光」
  •  その“まなざし”が教えるものとは?
  • ●交通網 土木雑誌が報じた東京インフラ
  •  五輪を前に、急ピッチで整備進む
  •  湾岸西側/高速大師橋/首都高晴海線/地下鉄・中央区/BRT/環状2号
  • ●都市鉄道 16年ぶりの答申に見る都市開発の課題
  •  東京圏のネットワークと「国際化」
  •  東京23区大規模プロジェクトデータ
  •  横浜市大規模プロジェクトデータ

日経アーキテクチュア

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ関連書籍 > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする