• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップ日経アーキテクチュアの本 > 記事(前のページ)

BRIDGING ブリッジング


定価:本体2,000円+税
広瀬 郁 (著)
A5判、224ページ
ISBN:978-4-8222-0074-9
商品番号:257940
発行日:2017年3月28日

新規事業に人材を集めて「プロジェクトをデザインする」という観点から、ものづくりの在り方、参画・貢献するための働き方を解説

市場や社会にインパクトを与える新しいモノやサービスを生み出すためには、これまでに基盤を築いてきた企業あるいは自治体と、様々な才能を持つ外部の専門家が適切にチームを組み、創造性を存分に発揮できるようにプロセスを踏む必要があります。 その時に、組織の立場で関わる人材と独立した立場で関わる人材、組織と社内外の個人の間に生まれがちな「谷間(溝)」に橋を架ける意識や、その役割となる人材を重視して臨まないと、せっかく投じる経営リソースを生かせないまま終わってしまいます。 本書では、新規事業のために特別に人材を集めて「ブリッジング」という観点から、これからのものづくりの在り方や進め方、そこに参画・貢献するための働き方を解説します。


目 次

  • 序章 プロジェクトをデザインしよう
  • ◇「目には見えない部分」をデザインする
  • ●成功体験に縛られた組織
  • ●プロジェクトの定義
  • 1章 クリエイターがもたらすもの -組織に創造性を招くために
  • 1-1 「クリエイター」「クリエイティブ」とは?
  • ●クリエイターはこだわりを仕事に込める
  • ●クリエイティブという価値
  • ●日本が誇るあまたの才能を生かそう
  • 1-2 なぜ「クリエイター」がプロジェクトに必要なのか?
  • ●イノベーションはクリエイターありき
  • ●「餅は餅屋」に限る
  • ●組織の外へと橋を架ける
  • 1-3 クリエイティブが稼ぎの柱になる
  • ●無形の資産がものを言う
  • ●「見かけ」だけがクリエイティブじゃない
  • ●クリエイティブはニーズにフォーカスする
  • ●無形の価値を信じ事業に変革をもたらす
  • 1-4 ブリッジングプロジェクトの3つの効果
  • (1)プロセス - “共に学ぶ”効果
  • (2)コモンセンス - “常識”が入ってくる効果
  • (3)カルチャー - 染み付いた“文化”を変える効果
  • ●インハウスクリエイターこそブリッジパーソンとなれ
  • 1-5 “クリエイター怖い”あるある
  • ●あり得ない金額の請求が来た!!
  • ●役員プレゼンなのにサンダル?
  • ●まだアイデアが降りてきませんか……?
  • ●こ、これは……いったい何ですか?!
  • 1-6. あなた自身にもたらされる効果
  • ●組織と自分の仕事の関係を再定義
  • ●少しくらい組織内で浮いたっていい!
  • 2章 マインドセットをデザインする -プロジェクトのあるべき姿を考える
  • 2-1 何を目指すかを考え抜き、「言葉」にする
  • ●動機が弱いと一丸になれない
  • ●言葉は強力な推進力をもつ
  • 2-2 マインドセットの本質
  • ●第一に「ヴィジョン/ミッション/コンセプト」を
  • 2-3 コンセプトの整理
  • ●「定義」をそろえる
  • ●共通のこだわりを探し出す
  • 2-4 ヴィジョンのつくり方
  • ●現実から離れて「大きな絵」を描く
  • ●組織や市場における位置づけが大切
  • ●面白いかどうか、それが問題だ
  • ●“近くて遠い人”がリトマス試験紙になる
  • 2-5 ミッションのつくり方
  • ●具体的に数字で設定する
  • ●ミッションを分解して道筋にする
  • ●ヴィジョンとミッションのしびれるカクテル
  • 2-6 プロジェクトをデザイするための3つの心得
  • (1)「チームのデザイン」に取り組む前に
  • ・好き嫌いに流されない
  • ・やりやすさだけでなく、挑戦を共有する
  • (2)「オーダーのデザイン」に取り組む前に
  • ・「重要な情報」こそ外部と共有する
  • ・与件を要件として整理する
  • (3)「マネーのデザイン」に取り組む前に
  • ・クリエイティブを給与で換算しない
  • ・時間はクリエイターの重要な資源
  • 3章 チームをデザインする -どう編成し、どう運営するか?
  • 3-1 「チーム編成」をデザインする(組織内)
  • (1)チームのサイズは小さく始める
  • (2)多様なチームメンバー
  • (3)未経験者の混在
  • 3-2 組織の体制とチームの関係づくり
  • ●指示系統の外側に置く
  • ●最終決裁者との距離を縮める
  • ●よき理解者を増やしていく
  • 3-3 「チーム運営」をデザインする
  • (1)ファシリテーション
  • (2)マルチリーダーシップ
  • (3)コラボレーション環境
  • 3-4 行き詰まりを解消するヒント
  • (1)組織内外の視点や評価を活用する
  • (2)「証拠書類」を共有する
  • (3)賽を投げられた状態をつくる
  • 4章 オーダーをデザインする -何を、誰に、どのように依頼するのか?
  • 4-1 クリエイターに何を求めるのか
  • (1)インハウスの領域も対象にする
  • (2)見えないもの・測れないものも対象にする
  • (3)経験のない業務も対象にする
  • ●異なるジャンルの成功例から探る
  • 4-2 イニシャルか、ランニングか
  • 4-3 どの「範囲」を頼むのか
  • (1)業務内容のうち、どの範囲か
  • ・組織とクリエイターの線引き
  • ・プロセスでの線引き
  • ・予算での線引き
  • (2)時間軸のうち、どの範囲か
  • 4-4 誰に頼むのか
  • (1)パートナーの探し方
  • ・専門誌やクリエイターファイルなどのメディアから探し出す
  • ・ビジネスの成功事例、ヒット作から探し出す
  • ・複数候補へのヒアリングから探し出す
  • ・著名なクリエイターから探し出す
  • ・コンペで探し出す
  • (2)依頼先の確定に向けて
  • 4-5 どのように頼むのか
  • 〔1〕モチベーションの視点
  • ・クリエイターの次の挑戦として
  • ・クリエイター間のコラボレーションとして
  • ・ソーシャルな活動として
  • 〔2〕インセンティブの視点
  • ・事業性に関わる情報の共有
  • ・長期的なブランディングのなかでの共有
  • ・成果を共有する契約
  • ・リスクの共有を前提とするオプション
  • 4-6 依頼におけるプロジェクトデザイナーの役割
  • 5章 マネーのデザイン -お金の稼ぎ方、かけ方
  • 5-1 「お金の稼ぎ方」を広げよう
  • (1)「パーソナライズ」に向き合う
  • (2)「リスク」に向き合う
  • (3)稼ぐ/稼がない、その線引きを疑う
  • ・稼がない「公共」が変わってきた
  • ・地域のプレイヤーが台頭してきた
  • ・そして稼がない「者」が稼ぐ時代に
  • 5-2 「お金のかけ方」のデザイン
  • (1)予算配分の点検
  • (2)アウトプットの評価の点検
  • (3)コミュニケーションロスの点検
  • 5-3 そして、まだ物語は続く

日経アーキテクチュア

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ日経アーキテクチュアの本 > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする