• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップ関連セミナー > 記事(前のページ)

建築・住宅の関連セミナー

受付終了

20年責任追及される時代の「雨漏り訴訟」最新対策セミナー

日経ホームビルダー住宅施工セミナー

※本講座の受付は終了しました

訴訟リスクから身を守るための極意を 法律面 技術面 経営面 から学ぶ!

  • これまで、雨漏りの瑕疵担保期間は、品確法で10年と定められていた。しかし、2011年の最高裁判決で「危険が現実化する瑕疵が存在する場合、民法の不法行為責任が問われる」との判断が示された。民法の時効(除斥期間)は20年。雨漏りなどで居住者に損害が生じた場合には、最長20年にわたり設計者や施工者の責任が追及される時代が到来した。
  • いま、設計者や施工者はどのようにして身を守っていくべきか。本セミナーでは、実際の雨漏り訴訟を例に取り、法律面・技術面・経営面からリスク回避のポイントを解説します。

開催概要

日時

2016年11月25日(金) 13:00~17:00

会場

TKP 田町カンファレンスセンター
東京都港区芝5-29-14
会場地図

主催

日経ホームビルダー

定員

200名(先着順、事前申込制) ※最少開催人数:50名
※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申込ください。

受講料

日経ホームビルダー読者価格 20,000円(税込)
一般価格 29,000円(税込)

  • ※一般価格には「日経ホームビルダー」半年購読(6冊)の購読料金を含みます。
  • (送本の開始はセミナー終了後となります)
  • ※「日経ホームビルダー」の定期購読者の方は読者価格でお申し込みいただけます。

プログラム詳細

第1部
  • 【法律面】 雨漏り訴訟 最新事例
  • 雨漏りでも「不法行為」判決!
  • 欠陥住宅訴訟の最新事例を一挙紹介
  • 講師:小谷 大介 氏
  • 弁護士 札幌・石川法律事務所
  • まさかこんなところに落とし穴が…。実際に建て主の弁護人として欠陥住宅訴訟にかかわり、設計・監理者の不法行為責任の認定を引き出した小谷弁護士が、住宅建設の技術者が知っておくべき法的リスクを徹底解説
第2部
  • 【技術面】 今とるべき 堅実な設計・施工とは
  • 屋根より壁面が危ない!
  • トラブルを抑制して長期の安全を保つ方法
  • 講師:玉水 新吾 氏
  • 雨漏り診断士
  • 住宅デザインの多様化などを背景に、「住宅側面からの雨漏り」が増えている。雨漏り診断の第一人者で、建て主から訴訟に関する数多の相談を受ける講師が、長期にわたってリスクを軽減する「堅実な設計・施工」のポイントを指南する。
第3部
  • 【経営面】 顧客との関係構築術
  • 疑わしきは顧客の利益に!
  • 築30年でも雨漏りに無償対応
  • 講師:迫 英徳 氏
  • シンケン社長
  • 「行列ができる住宅会社」として知られる住宅会社シンケンは、如何にして顧客と良好な関係を築き、訴訟リスクを軽減しているのか。同社の独自性の高いクレーム対策やアフターサービスから、顧客対応の真髄を学ぶ。

※上記の内容等は変更となる場合がございます。

  • ※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師や講演内容等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申込ください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※後日、受講券・ご請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担になりますのであらかじめご了承ください。
※本講座の受付は終了しました

日経ホームビルダー

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ関連セミナー > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする