市担当者が規格外の岩を容認? 提訴された施工者反論

2017/09/01

宮城県気仙沼市が造成工事を発注した水産加工施設の用地に規格外の岩が埋まっていた問題で、市は施工者を仙台地裁に提訴した。施工者は、市の担当者が工事中に規格外の岩を容認したと反論している。

安藤 剛日経コンストラクション