• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

木密地域の糸魚川大火が投じた“防火改修”の必要性

2016/12/27

日経ホームビルダー

 12月22日10時28分ごろ、新潟県糸魚川市大町1丁目で発生した火災は次第に燃え広がり、約150棟が焼ける被害となった。火災は翌23日の16時30分に鎮火。そして24日16時には、363世帯に出されていた避難勧告が解除された(詳細記事:糸魚川大火、建物焼失4万m2の猛威)。

 1650年創業といった歴史のあるつくり酒屋も被害にあうなど、被災地区には古い建物が多くあったといわれている。

糸魚川大火の被災地区の様子(写真:糸魚川市)
糸魚川大火の被災地区の様子(写真:糸魚川市)
糸魚川大火の被災地区の様子(写真:糸魚川市)
糸魚川大火の被災地区の様子(写真:糸魚川市)

安井 功日経ホームビルダー

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする