「復興住宅の工事で自宅にひび割れ」、近隣住民が仙台市を提訴

2017/09/04

日経アーキテクチュア

東日本大震災に伴う災害公営住宅の建設工事の振動で自宅が傾き、外壁がひび割れた――。2016年3月に完成し入居済みの災害公営住宅の工事を巡り、建設地の隣に立つ戸建て住宅の住民が仙台市と造成事業者を訴えた。

池谷 和浩=ライター日経アーキテクチュア