餃子の王将、新工場の設計者を提訴

2億4000万円の損害賠償を請求

2017/08/09

日経アーキテクチュア

「餃子の王将」を全国展開する王将フードサービスが、2016年2月に完成した新工場の設計・工事監理者を訴えた。京都地方裁判所に7月31日付で訴訟を提起、同日に投資家向けとして適時開示した。同社が主張する損害額は2億3995万円だ。

池谷 和浩=ライター日経アーキテクチュア