• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

汎用木材で幅900mmの柱、開口部の制約少なく

2017/07/12

ALT

大林組は、開口部などの制約を最小限に抑えつつ、汎用木材で準耐火構造用の大断面材をつくる木造技術「オメガウッド・カラムウォール」を開発した。従来の「オメガウッド」より柱の断面幅を大きくしたのが特徴で、開口部の面積を約1.5倍、広く取れるようになった。

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする