• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

一条工務店が積水ハウスに迫る理由

2017/07/21

日経ホームビルダー



日経ホームビルダーは2017年7月に書籍「ホントは安いエコハウス」を発行した。省エネ住宅の設計を得意とし、設計者や工務店などに向けたセミナーの講師も数多く務めてきた松尾和也氏が執筆している。本書では、「エアコンは高くつく」「受注のための設計案は数で勝負」「設計変更は当たり前」といった設計や施工のプロでも陥ってしまう勘違いを紹介。本当の省エネ住宅を実現するためのポイントを指南している。日経ホームビルダーの好評連載「脱!なんちゃって省エネ住宅」を再編集し、書き下ろしを加えた。以下の文章は著者の松尾氏が今まさに省エネ住宅に着目する必要性を指摘したものだ。

7月25日に発行する書籍「ホントは安いエコハウス」。プロでも陥りがちな25の勘違いとともに、省エネ住宅の設計手法を分かりやすく解説している(資料:日経ホームビルダー)

【書籍購入サイト】
 アマゾンはこちら
 日経BPブックナビはこちら

また本書発行に合わせて、松尾氏によるセミナー「実践 売れるエコハウス」を7月28日に東京・秋葉原で開催する。本当は安く、効率的につくれるエコハウスの設計手順やノウハウをより詳しく掘り下げてお伝えする。


 大手住宅メーカーの一条工務店が、戸建ての販売戸数でトップを走ってきた積水ハウスに迫りつつあります。住宅産業新聞が2016年6月に発表したデータでは、積水ハウスの1万4000棟弱に対し、一条工務店は約1万2000棟の2位となっています。

 派手な宣伝などを実施せずに、住宅展示場を中心とした営業スタイルを貫いてきた一条工務店がここまで躍進してきた理由はどこにあるのでしょうか。私は、環境性能にあると考えています。

 住宅を建てる際に、建て主や住宅会社にとって重要な性能は主に3つあります。

(1)家全体で冬は暖かく、夏は涼しく過ごせながら、安い冷暖房費で済む
(2)住宅性能表示制度で定める耐震等級3を確保する
(3)適切な防蟻処理、通気計画によって耐久性を保つ

 私はこれまでに数多くの住宅設計者に対して、住宅設計のセミナーを行ってきました。そうしたセミナーで受講者からの質問などを聞いていると、上の3項目をきちんと満たしている人や会社は本当にごくわずかだと感じます。3つの項目を1つも実現できていない会社が最も多く、次に多いのは2つできていない――。そんな具合なのです。

松尾 和也=松尾設計室室長日経ホームビルダー

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする