賃貸住宅市場に変調の兆し、2017年の着工戸数はどうなるか

2017/02/17

新設住宅着工をけん引してきた貸家が、2017年度は前年割れとの見方が強まっている。足元、戸建て分譲は堅調なものの、持ち家の伸びは期待できない状況で、住宅生産団体連合会が1月に実施した予測アンケートでも4万~5万戸の落ち込みが予想されている。

千葉利宏=ライター日経ホームビルダー