• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップバックナンバー2017年10月12日号 > 記事(前のページ)

2017年10月12日号

特集 スロープ崩落訴訟が問う「設計者の責任」

職域明示して契約書で身を守れ

建築訴訟から学ぶ

2017/10/11

ALT

建築訴訟は年々複雑化している。建築士は予期せぬ方面から訴えられるリスクが高まっている。生活基盤を脅かす訴訟から身を守るには、自身の担当可能な業務を明示し、事前の契約で防衛する知恵が必要だ。

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップバックナンバー2017年10月12日号 > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする