• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップバックナンバー2017年5月11日号 > 記事(前のページ)

2017年5月11日号

トピックス

揺れる前川・村野の佳作、活用案の現実性がカギ

「単なる反対」は卒業、保存運動は新たな段階へ

2017/05/10

ALT

前川國男と村野藤吾──。東西の巨匠2人が昭和30年代に手掛けた公共建築が、存亡の瀬戸際に立っている。これまでの保存解体論議と異なるのは、自治体は自ら結論を出さず、再生活用の可能性を民間からの提案に委ねていることだ。現実的な活用策を問われたとき、保存派に何ができるのか。今後の保存運動の試金石ともなりそうな2つの事例を追う。

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップバックナンバー2017年5月11日号 > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする