• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップバックナンバー2017年4月13日号 > 記事(前のページ)

2017年4月13日号

特集 耐震性能を「見える化」せよ

熊本地震からの宿題 建物の「地下」に死角あり

軟弱地盤や断層近くに立つ建物に要注意

2017/04/12

ALT

建物の損傷が軽微でも、杭が損傷したため結局、取り壊される──。熊本地震では、そうした被害事例が見られた。実はこれまでの大規模地震でも、杭被害は繰り返されてきた。地震後も継続して使用するためには、上部構造の耐震補強だけでは十分ではない。基礎の性能を正確に把握する必要がある。

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップバックナンバー2017年4月13日号 > 記事(前のページ)