• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経アーキテクチュアトップ編集部が選ぶ「10大建築人2018」 > 記事(前のページ)

編集部が選ぶ「10大建築人2018」

ロボット化で建築現場を変える、印藤正裕・清水建設生産技術本部長

「10大建築人」に聞く、その4

2018/01/09

ALT

「10大建築人2018」の最終投票で、安藤忠雄氏と小堀哲夫氏に次いで3位に入ったのが印藤正裕氏。清水建設の常務執行役員で、生産技術本部長を務める。建築の現場にロボットを導入し、生産性向上や苦渋作業の軽減を図ろうと試みる。ロボットの導入が先行する工場の生産ラインとは違って「ロボットの位置が変わる」という、大きなハードルを乗り越えた。

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ編集部が選ぶ「10大建築人2018」 > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする