• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経アーキテクチュアトップ編集部が選ぶ「10大建築人2018」 > 記事(前のページ)

編集部が選ぶ「10大建築人2018」

米国にふさわしい「和」のデザインを探る、隈研吾氏

「10大建築人」に聞く、その5(後)

2018/01/11

ALT

隈研吾氏は、国内だけでなく海外でも活動エリアを拡大している。これまでアジアや欧州を中心としていたが、米国ポートランドの日本庭園施設を皮切りに、ダラスではロレックスの本社も手掛けている。現地では「和」のデザインを期待されており、どうすれば現代の日本らしさを表現できるかを探っている。

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ編集部が選ぶ「10大建築人2018」 > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする