• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経アーキテクチュアトップ建築の鼓動2019 > 記事(前のページ)

ALT

フォーカス 建築編

[PR]現場を経験しながらキャリアパスを複線的に、自らの適性を見極め自分らしいキャリアアップ(ワット・コンサルティング)

2017/12/08

学生向け特別版「建築の鼓動&土木のチカラ2019」は1冊丸ごとPDFでもお読みいただけます。雑誌と同じレイアウトで、迫力ある見開きの写真をそのままに。 [PDFをダウンロード(116ページ、約57MB)

自らのキャリアパスを、「複線的」に描ける会社がある。人材育成企業のワット・コンサルティングだ。入社後は、現場経験の豊富な講師による技術研修を受け、多種多様な現場に携わる。その経験を通じて自らの適性を見極め、自分らしいキャリアアップを図れるのが、何よりの魅力だ。選択肢の一つとして目を向けたい。

現場で実践的に役立つ研修を行い、建設業界に貢献できる技術者の育成に取り組んでいる

 「ビッグプロジェクトで経験を積みたいと思っても、願いが叶うとは限りません。企業規模によっては自身のキャリアパスを単線的にしか描けないこともあるでしょう。しかし、当社からキャリアを積んでいくなら、可能性は全方位に開けているはずです」

水谷 辰雄氏 取締役 建設事業部 ゼネラルマネジャー

 ワット・コンサルティング取締役建設事業部ゼネラルマネジャーの水谷辰雄氏は、自社の魅力をこう強調する。

 学生時代には、具体的なキャリアパスまでは思い描けないのが普通だ。結果、入社できた会社で経験できる現場に携わりながら、その延長線上のキャリアに自分を合わせるしかない。ところが同社なら、そうした単線的な道を歩まずに済むというのである。

約3カ月の研修を経て派遣へ
BIM活用に向けた人材も

 秘密は、ワット・コンサルティングの業態にある。

 同社に入ると、「建築」「建築CAD」「土木」「空調衛生設備」「設備CAD」の5つの職種に分かれ、現場経験の豊富な講師から2カ月以上にわたる技術研修を受ける。それを終えると、多種多様な現場に人材派遣の形で携わっていく。そこには、時代を象徴するようなビッグプロジェクトに携われるチャンスもある。

 「派遣先のゼネコンやサブコンは、大手から中堅まで、さまざまです。派遣をきっかけにそのまま転籍する社員も年間20人ほどにまで増えてきました。建設業界に良質な人材を輩出する企業としては、それもまた実績なのです」

 育成するのは、施工管理とCADオペレーターだ。このうちCADオペレーターに関しては最近、「BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)」の活用という視点も意識しているという。

 「シンガポールのように国土全体をBIM化する動きが将来は日本でもみられるようになっていくでしょう。BIM活用に向けたスタートラインに立てる人材を育成していきます」

 人材派遣会社というよりは人材育成会社というのがふさわしい。それだけ、技術研修を通じた人材育成力には定評がある。建設業界での評判を耳にして、また自社に派遣されてきた人材の質を高く評価して、民間企業が建築技術者向けの研修を依頼してくることが少なくないというほどだ。

 同社で育成するのは、技術力だけではない。人間力にも重きを置き、技術者として生きていくのに必要なスキルを磨くヒューマンスキル研修も用意する。例えば、建設現場で欠かせない多様な関係者とのコミュニケーションに関していえば、「それを自ら取ろうとする構えが重要。それを身に付けてもらうようにします」と、水谷氏は解説する。

海外人材の育成にも力
来年度は100人を目標に

 なぜ、人材育成にそこまで力を傾けるのか。水谷氏は「建築技術者の技術力と人間力を引き上げることが、会社の利益に直結するからです。だから、そこに向けて労力とコストを投入するわけです。社員が質の高い建築技術者に育つための行動を会社が取るのは、極めて合理的なことなのです」。

 最近は海外人材の建築技術者としての育成に力を入れる。2017年1月からは、ベトナム人留学生や建築系学科卒業生を合計約30人受け入れ、日本語教育と並行して技術研修を実施する。「受け入れ規模は、今年度60人、来年度100人と見込んでいます」(水谷氏)。

 派遣会社としては、厚生労働省の制度に基づく優良派遣事業者の認定を得ている。これは、国が委託した認証委員会で指定する審査認定機関が、「派遣社員の適正就労とフォローアップ」や「派遣社員のキャリア形成と処遇向上の取り組み」などに関する一定の基準に従って認定するもの。全国約8万社と言われる労働者派遣事業者の中で認定事業者は200社に満たない。

 水谷氏は、建設業界で生きていこうとする若き技術者候補に、こう呼び掛ける。「建築の仕事は、その成果である構造物をご家族に見てもらえます。しかも、次の世代にまで残るものです。やりがいは大きい。私たちはそうしたやりがいを感じながら将来の日本をつくる人材を育て上げていきます」。

いつか大きな役割を担えるように

山﨑 圭祐氏 新宿オフィス 2015年入社

 目標を見失い、大学卒業後に出合ったワット・コンサルティングに入社。研修期間を経て、いまは東京都中央区にあるタワーマンションの建設現場を担当しています。

 ここでは、ポスター掲示のような小さなことでも進んで取り組み、役割を自ら獲得しようと努めています。研修で不在の先輩社員に代わってコンクリート担当を務めた時には責任を痛感し、以降は常に、事前の備えを心掛けるようになりました。

 いつか大きな役割を担えるように、小さな役割を一つずつ果たし、達成感と自信を積み上げていきたいと思います。(談)

会社情報

  • 資本金:5000万円
  • 売上高:52億円
  • 社員数:874名(2017年9月30日現在)
  • 創業:2003年4月16日
  • 事業内容
    • 建築、土木、建築設備(電気・空調・衛生)の設計および施工管理業務における人材派遣事業
    • 有料職業紹介事業
    • 建設技術研修事業・CAD研修事業
    • 【派遣許可番号】
      • 労働者派遣事業許可番号 派13-304593
      • 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-304267
    • 【登録資格】一級建築士事務所 東京都知事登録 第50675号
    • 【認定】優良派遣事業者認定 第1604012(01)号
    • オートデスク認定トレーニングセンター

採用情報

  • 採用職種:施工管理、CADオペレーター
  • 採用実績大学:全国主要大学、大学院
  • 採用実績学科
    • 【理系】建築、土木、機械、電気、環境工学、造形デザイン他
    • 【文系】文学、経済、経営、法、社会、心理、外国語他
  • 勤務地:北海道、東北、首都圏、東海、近畿、九州 ※勤務地は希望を考慮
  • 2017年採用実績:26名
  • 2018年採用予定数:30名
  • 初任給
    • 修士了:220,000円
    • 学部卒:210,000円

問い合わせ先

  • 株式会社ワット・コンサルティング 建築事業部人材開発課採用チーム
  • 住所:〒104-0033 東京都中央区新川1-10-14 FORECAST茅場町1F
  • TEL:03-5542-3956
  • URLhttp://www.jp-wat.com/
  • E-mailtaguchi@jp-wat.com

 ウェブ会員(無料)にご登録いただくと、日経アーキテクチュアと日経ホームビルダーが報じた建築・住宅系のニュースを、保有ポイント数に応じて無料で読めます。月初に20ポイントを付与いたします(1ポイントで読める記事は1本)。公開後2週間経過した記事もポイントの対象です。ポイント数は次の月には持ち越されません。

 すべての会員にメールマガジン「日経アーキテクチュア・ウェブ会員メール」を配信します。通常号を月、水、金曜に、特別号を不定期に配信します。

 この機会にぜひご登録ください。[ご登録はこちら

日経アーキテクチュア

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ建築の鼓動2019 > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする