• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップ私の駆け出し時代 > 記事(前のページ)

ALT

自分と他人、両者の「気持ち」で建築を考える

堀部安嗣(堀部安嗣建築設計事務所)、その2〔ブレークスルー編〕

2017/07/10

ALT

堀部安嗣氏は「建築を気持ちで考える」(TOTO出版)という書籍を出した。「気持ち」というのは、自分と他人、特に建て主の気持ちのことだ。堀部氏は益子アトリエに3年ほど勤めた後に独立し、まずは自分の気持ちに正直に建築をつくる苦労を知った。そして次に、建て主の気持ちを酌むことの大切さも身に染みて感じたという。その経験を語ってもらった。(全3回のうちの第2回)

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ私の駆け出し時代 > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする