• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経アーキテクチュアトップ編集長が出題! なるほど建築検定 > 記事(前のページ)

ALT

盆休みに腕試し!全問正解なら建築ツウ(前編)

Q1.隈研吾の木造、Q2.藤森照信の素材使い

2017/08/10

この「編集長が出題! なるほど建築検定」は、「建築プロジェクトデータベース」(ウェブ有料会員サービス)の検索のしやすさを知ってもらうために、今年3月2日からこれまでに11回、計24問のクイズを出題してきました。今回はお盆休み用の総集編です。

 これまでに出題したなかから、著名建築家に関するやや難度の高い5問を出題します。全問正解できたら、あたなは誰が見ても建築ツウです。建築実務者、建築好きの一般の方、大学のクイズ研究会の方など、ぜひ腕試しを!

 では、第1問は隈研吾氏に関する問題です。

隈研吾氏が設計した馬頭町広重美術館のエントランスホール(写真:三島 叡)
Q.現代的な木の使い手といえば、すぐに頭に浮かぶのが隈研吾氏。では、隈氏が設計に携わった以下の建築のうち、「構造体」(一部を含む)に木造を採用しているのはどれ?

A:馬頭町広重美術館(2000年竣工、現・那珂川町馬頭広重美術館)
B:浅草文化観光センター(2012年竣工)
C:SunnyHills at Minami-Aoyama(サニーヒルズ南青山)(2013年竣工)
D:としまエコミューゼタウン(2015年竣工)
E:TOYAMAキラリ(2015年竣工)

宮沢 洋日経アーキテクチュア

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ編集長が出題! なるほど建築検定 > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする