• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップアラップ・トータルデザインの舞台ウラ > 記事(前のページ)

アラップ・トータルデザインの舞台ウラ

トルコに蝶が舞う、ラチスシェル構造のドーム

アラップ・トータルデザインの舞台ウラ(33)

2015/09/18

 トルコのほぼ中心、中央アナトリア地方にコンヤ県がある。そのコンヤの県都・コンヤ市に、トルコで初の熱帯の蝶や昆虫の生態を見せる展示館が完成した。

 この展示館は、38ヘクタールに及ぶバタフライ・バレー公園の一部であり、公園には遊技場やスポーツ施設、店舗、カフェ、プール、そり用の人工トラック、1000席の野外ステージなどがある。

Konya Tropical Butterfly Garden。アラップは基本的には意匠設計を行わないが、今回は意匠、構造、建築設備、ファサードの各設計やインフラ計画など、トータルな業務を担当した(写真:Arup)
バタフライ・バレー公園の一部に建つ展示館(写真:Arup)

ケンプラッツ

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップアラップ・トータルデザインの舞台ウラ > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする