• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経アーキテクチュアトップアラップ・トータルデザインの舞台ウラ > 記事(前のページ)

アラップ・トータルデザインの舞台ウラ

アジアのハブ競争が熱い、香港国際空港がコンコース増築

アラップ・トータルデザインの舞台ウラ(56)

2017/09/20

 アジアのハブ空港として、エアポートランキングで常に上位にランキングする香港国際空港。2016年2月にミッドフィールド・コンコースが増築、オープンした。今回は、増築部分の自動輸送システムと環境設計の2点について紹介したい。

香港国際空港のミッドフィールド・コンコースの内観。アラップが携ったのは、構造、ファサード、サステナビリティー、空港システム、自動輸送システム、バゲッジハンドリング、建築設備、火災安全設計、音響、照明デザイン、ロジスティック計画である(写真:© Marcel Lam Photography)

 1998年7月に開港した現在の香港国際空港は、就航都市数190以上で、毎日1000便が離着陸している。成田空港の、海外108都市、日平均約700便に比較すると感覚がつかみやすいだろうか。香港国際空港は、2001年から05年までは、世界のベストエアポートにも選ばれ、その後も韓国のインチョン空港、シンガポールのチャンギ空港と競い合う、快適かつ環境配慮した空港として名高い。

香港国際空港のミッドフィールド・コンコースの外観(写真:© Kerun Ip / AAHK)
ターミナル1の西に位置するミッドフィールド・コンコース。ある規模の増築ができるのは空港内でこの場所しか無かった。ターミナルは2まである(資料:Arup)

 世界的な旅客増を背景にその後も需要は伸び続けた。香港空港公団は10年にミッドフィールド・コンコースの増築のための実施設計者の入札を行い、アラップとモット・マクドナルド(英国)のJVが設計者として選定された。オープンは16年だ。

 ミッドフィールド・コンコースは5層、延べ面積10万5000m2、鉄骨トラス屋根の建物である。乗降客は、ターミナル1から延長された既存の自動輸送システムを経由してアクセスする。

 駐機場は19カ所で、そのうち2カ所は、ICAO(国際民間航空機関)が規定する、コードFと呼ばれるエアバスA380やボーイングの747-8Fといった、主翼間が65~80mの大型機に対応している。このミッドフィールド・コンコースの完成によって、さらに年間1000万人の乗降客の受け入れが可能になったという。

日経アーキテクチュア

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップアラップ・トータルデザインの舞台ウラ > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする