• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップ木材活用 最前線 > 記事(前のページ)

WIRED.jp

次世代の高層ビルは、木でつくられる──世界各国で進む木造高層建築プロジェクト

2017/06/29

未来の高層ビルは、木材を使って建てられるかもしれない。最新技術との組み合わせによって、1世紀前には考えられなかった高さの建築物も立てられるようになった木材。いま世界各地では、木造の高層建築物の建設プロジェクトが進められている。

「リヴァー・ビーチ・タワー」は、ブナ材でできた細長い形の80階建てのビル。シカゴの暗く無表情な地平線を背景に、金色のシルエットが浮かび上がる計画だ。IMAGE COURTESY OF PERKINS + WILL ※画面をクリックして拡大すると、他の画像も見られます

 イリノイ州シカゴは「金属とコンクリートの街」だ。1965年に建設が開始された「ジョン・ハンコック・センター」には、約2,268トンのアルミニウムが使われた。これは、ツアーバスを約96台製造できる量だ。そして、1970年に建設が始まった地上高約440mの超高層ビル「ウィリス・タワー」(旧シアーズ・タワー)には、79,800トンを超える鋼鉄が使われている。

 しかしこのところ、とある新しい建築材を超高層ビルに使おうという野心的な提案が、シカゴをはじめとする世界各地でされている。木だ。

 現在、シカゴ川沿いの敷地に、すべてが木でできた新しい様式の高層建築物を建設しようとするプロジェクトが進行中だ。この「リヴァー・ビーチ・タワー」は、ブナ材でつくられた細長い形の80階建てのビルで、シカゴの暗く無表情な地平線を背景に金色のシルエットが浮かび上がるようデザインされている。

 このコンセプトビルの建設はまだ始まっていないどころか、建設されない可能性すらある。これはケンブリッジ大学と、建築設計会社Perkins + Will、設計コンサルティング会社Thornton Tomasettiによる進行中のプロジェクトの一環なのだ。このプロジェクトの目標は、こうした巨大な木造タワーをどのようにして実現するかという長年の問いに答えを出すことである。

来たる「木材の時代」

 リヴァー・ビーチ・タワーは、この数年間に登場した野心的なアイデアのひとつに過ぎない。ロンドンでは、80階建ての木造超高層ビル「オークウッド・タワー」が提案されている[日本語版記事]。スウェーデンのストックホルムでは、街で最も高い約130mの高さの居住用高層ビルの計画が進行中だ[日本語版記事]。2016年に死去した建築家ザハ・ハディドの建築設計会社は2016年11月に、うねるようなデザインの木造サッカースタジアムを英国で建設する契約を受注した。

 もちろん、木材は建築素材として新しいものではない。19世紀後半まで、木材は主要な建築材料だった。それを変えたのは、米国の主要都市で次々と発生した大規模火災だ。これによって木材の燃えやすさという弱点が浮き彫りになり、建築家たちが鋼鉄やコンクリートなどの新しい材料を探究するようになった。しかしイノヴェイションによって、木は再び魅力的な建築材になりはじめている。

 「クロス・ラミネーティッド・ティンバー」(CLT、直交集成板)と呼ばれる非常に強度の高い合板は、異なる木の板や角材を貼りあわせることによって、鋼鉄に匹敵する強度をもつ積層構造の複合材料だ。この新しい材料を、コンピューター数値制御(CNC)によるフライス加工のような精密なデジタル製造プロセスと組みあわせることによって、1世紀前には考えられなかった高さの木造建築が可能になった。

 環境上の特性[PDFファイル]はさらに魅力的だ。木材は二酸化炭素を閉じ込める働きをするため、大気中に余分な二酸化炭素を排出しないですむのだ。

理想的なデザインは材料に訊け

 現在、世界で最も高い木造建築物は、ヴァンクーヴァーに建てられた18階建て学生寮「ブロック・コモンズ」だ。このビルの長方形の箱のような骨格は、多数の木製モジュールをレゴのように組み立ててつくられている。外見は、ほかの鋼鉄やコンクリート製のビルと変わらない。それでもこのビルは、大規模な建物に木材を利用できることを証明する重要な事例である。

 軽くて強い木材は、自重を支えなければならない高層タワーに適している。一方で、鋼鉄やコンクリートほど剛性(ネジレ、ズレに対する弾性)が高くないため、強度を維持しながら横方向に伸ばせる距離は制限される。そのため、シカゴのリヴァー・ビーチ・タワーは、実際には細長い2棟のビルが、斜めに交差する梁からなるアトリウム(内部公開空地)でつながっている。これらの梁は、建物正面にあるハニカム構造のモジュールに接続され、このモジュールが建物の荷重のほとんどを支えている。

 「わたしたちは、理想的なデザインを材料に教えてもらっているのです」と、プロジェクトに参加するPerkins + Willのパートナー、テッド・スナップは言う。

 木材があれば、構造が外からでもわかりやすい建築物をつくれると話すのは、ロンドンのオークウッド・タワーを設計したPLP Architectureのケヴィン・フラナガンだ。彼が最近オランダで開始した新しいプロジェクト「ザ・ロッジ」には、そのことが示されている。高さ約130mのタワーは、ガラス張りの曲面構造が、何本もの交差する木製の梁で覆われ、安定した籠編みのようなデザインになっている。建物の最上部に近い梁は細くてエレガントになり、地面に近づくほど厚さが増していて、少し木の幹に似ている。「何が何を支えているのかが一目でわかります。鋼鉄やコンクリートでは、このようなつくりかたはできないでしょう」とフラナガンは話す。

 ザ・ロッジは、リヴァー・ビーチ・タワーやオークウッド・タワーと同様に、完全に実用的とはいえないものの、技術的には建築可能だ。ただし、安全性と費用に関する調査や研究はまだこれからである。

 一方で、地方自治体や開発企業は、こういった実験的な建築様式への投資には懐疑的だ。建築物は一夜にしてできるものではない。都市の高層建築物の風景が変わるにはさらに時間がかかる。しかし、無謀とも見える新しい構造を建築家たちが築き上げるのに何年もかかったとしても、その野心にはもうひとつの重要な意味がある。何が可能かをわたしたちに教えてくれるのだ。

TEXT BY ELIZABETH STINSON
TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO
(掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。)

<訂正>最初の段落に数字の誤りがあったため修正しました。(2017年6月30日14時50分)

日経アーキテクチュア

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ木材活用 最前線 > 記事(前のページ)