• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップWIRED.jp > 記事(前のページ)

WIRED.jp

まるでメビウスの輪:中国に誕生した始まりも終わりもない橋

2017/05/16

コウモリのための橋や水没する橋など、型破りな橋をつくることで有名なオランダの建築ファーム、Next Architects。彼らが中国・長沙市に架けた「幸運結」という名の橋は、始まりも終わりもない、まるでメビウスの輪のような形をしている。

PHOTOGRAPH BY JULIEN LANOO ※画面をクリックして拡大すると、他の画像も見られます

 「幸運結」(Lucky Knot Bridge)と名付けられたその橋は、トポロジカルな魅力あふれる建造物だ。中国・長沙市の龍王港河(Dragon King Harbor River)に架かるこの鮮やかな赤色をした全長約183mのトラス橋は、ねじれ、絡み合い、まるでもつれた靴紐のような外見をしている。「メビウスの輪とでも呼べばいいでしょうか」と、この橋を手がけた建設ファームNext Architectsの共同経営者、ミッシェル・シュライネマーカースは言う。「この橋は終わりがないのです」

 Nextは型破りな橋をつくることで有名だ。オランダのモンステルではコウモリ(と歩行者)のための橋を設計したほか、同国のある都市に建設した橋は1年のうち一定期間半水没状態となる。しかしLucky Knot Bridgeの見た目は、同社が手がけた橋のなかで最も斬新だ。

 この橋は、3つの橋が絡み合ってできている。つまり、Nextは3つの構造物が1つの建造物として機能するように設計しなければならなかった。船が下を通行できるよう橋は最低でも水上24mの高さに掛けなければならず、さらに歩行者が楽にわたれるよう階段の傾斜角は34度以内に収めなければならなかった。これらの条件により、橋の道幅は広く傾斜は緩やかになり、結果子ども向けのローラーコースターのような形もなった。

Lucky Knot Bridgeの構造。街の4つの公共スペースをつないでいる。IMAGE COURTESY OF NEXT ARCHITECTS

 「基本的な形状が決まったあとの難題は、歩行者が通路を行き来するための交差点をデザインすることでした」と、シュライネマーカースは言う。5つの接合点が橋の構造を強化し、さらに歩行者が別のルートへ通り抜けるための通路にもなる。歩行者たちは、中国式庭園建築で伝統的に用いられる円形通路「月の門」を通って、それぞれの通路を行き来できるのだ。

 Lucky Knot Bridgeはただの通路ではない。「橋には、非常に隠喩的な性質もあるんですよ」と、シュライネマーカースは語る。 「物理的な意味だけでなく人や地域、需要、経験を結びつけるもの、それが橋なのです」

TEXT BY LIZ STINSON
(掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。)

日経アーキテクチュア

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップWIRED.jp > 記事(前のページ)