• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【開発】松坂屋上野店南館を建て替え、オフィスを含む高層複合ビルに

2013/08/27

松坂屋上野店新南館の完成イメージ(資料:J.フロントリテイリング)
松坂屋上野店新南館の完成イメージ(資料:J.フロントリテイリング)

 J.フロントリテイリングは8月26日、台東区上野3丁目にある松坂屋上野店南館の営業を2014年3月に終了し、商業、シネマコンプレックス、オフィスからなる高層複合ビルに建て替えると発表した。地上23階地下2階建て、延べ床面積約4万2000m2の規模で、2017年秋の開業予定だ。

 1階~6階に傘下のパルコが、7階~10階にTOHOシネマズが入居する。高層部分の12階~22階は、基準階床面積約300坪の賃貸オフィスとする。地下1階は隣接する本館と一体化し、大丸松坂屋百貨店が食品売り場を運営する。3階と6階にはブリッジを設け、本館と接続する。

 プロジェクトマネジメント支援業務と設計・監理業務を三菱地所グループが担当し、オフィス部分のテナントリーシング支援やマスターリースも手がける。

 Jフロントは本館も全館改装する計画で、南館の建て替えを含めた総投資額は約200億円。本館は2014年3月にオープンする。

[開発の概要]
開発名:松坂屋上野店南館建替計画(仮称)
所在地:台東区上野3-22ほか(地番)
最寄り駅:地下鉄上野広小路駅徒歩2分
面積:土地約5700m2、延べ床約4万2000m2、オフィス賃貸可能床約3300坪
階数(地上/地下):23/2
事業主:大丸松坂屋百貨店
プロジェクトマネジメント支援:三菱地所、三菱地所リアルエステートサービス、
               三菱地所設計
設計・監理者:三菱地所設計
オフィス部分マスターレッシー:三菱地所リアルエステートサービス
施工者:未定
用途:店舗、オフィス
工期:2017年秋開業予定
事業費:約200億円(本館改装など関連工事を含む)

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)