ALT

セコムが2位に20ポイント以上の大差を付けて首位を堅持した。前年3位のパナソニックがポイントを3.8減らして5位に後退。前年5位のホーチキが3位に順位を上げた。ほかの部門と比べると、全体的に「アフターサービス」が重視される傾向にある